« 提案:産総研オフ | トップページ | 再開 »

2006年7月13日 (木)

ゲド戦記ちょと心配

ジブリのゲド戦記、うっかりHPの「ストーリー」を読んでしまいました。原作と随分異なっていますね。まあ、原作(1~5)は27年に渡って散発的に発表された作品群で、作者の考え方の変化があったりで、1本の漫画映画にはとても収まる内容ではありません。一度バラして美味しいところを集めて再構成するというのもアリなのかなぁ、と。テルー(テハヌー)の顔がソフトタッチなのはちょっと残念。それにしても何処かで見たようなキャラクタが多いこと(ウサギ=クロトワとか(^O^)。

|

« 提案:産総研オフ | トップページ | 再開 »

コメント

勢いがついて「予告編第2段」まで見てしまいました。
う~ん、全然違うストーリーだ。原作1話のゲドをアレンに
やらせている感じ。これで良いのか>吾郎ちゃん。
「西の善き魔女」の怒りをかわねば良いのですが...(^O^。

投稿: Pawpaw | 2006年7月14日 (金) 12時23分

はやくもこんなページが…。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/733363.html

私はまだ見ていないのでノーコメント>ゲド戦記
 上記サイトからリンクされたジブリ実験劇場は面白かった。(カリ城を彷彿とさせるような感じもします)

投稿: 柳澤 実 | 2006年7月17日 (月) 08時32分

柳澤さんへ

>はやくもこんなページが…。
 うわ~楽しそう(^O^。あれこれ言うときりがありませんので
 2つほど。吾郎さんの絵、キャラへの愛が足りません(^^;。
 一方、父の絵のキャラは恋人であり、自分自身であり...。
 また、吾郎さんのコンテが「作品を作る入り口」のように
 感じるのに対して、父のコンテは「頭の中にある作品が
 溢れ出る出口」に見えます。

>ジブリ実験劇場
 前作「ハウルの動く城」のDVDに「ツインBOX版」というのが
 ありまして、2枚組みの1枚に「On your Mark」も入って
 います(コレ目当てで買いましたσ(^^;)。

■別冊宝島:「僕達の好きなゲド戦記」
 を買いました。映画ゲド戦記を観る前に原作の世界を知って
 おきたい人にはお勧めでしょう。イラストのテルーがちゃんと
 ケロイド顔な点に好感が持てます。

投稿: Pawpaw | 2006年7月17日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記ちょと心配:

« 提案:産総研オフ | トップページ | 再開 »