« メンテ用サブタンク完成 | トップページ | GS整備オフ »

2008年11月24日 (月)

文句たらたら団子

昨日はまた川越で散歩しながらお昼ご飯。

Img_0302

いつもお気に入りのモノばかり食べていたんじゃ面白くないので、今回は出来るだけ新しいモノに挑戦してみました。最初はここのお煎餅。

Img_0303

サクサクして醤油が香ばしいのですが、肝心のもち米が、酸化した脂のような味がして×。こりゃ看板倒れだと思いました。包み紙を見ると、本店は地元ではなく京都の老舗菓子屋とか。蔵造り通りの一番賑わっている所でそういう商売ですか。何となく納得。何しろお客さんは次々と煎餅を買っていきます。ま、良いけどね~。私はもう買わないな(^^;。

Img_0321

やっぱ食べ歩き煎餅なら、菓子屋横丁のここ(左側の店)です。テーマは新しいモノのはずが、今回も買ってしまいました。3週連続かも?

Img_0309

新しいモノということで、この幟のある鯛焼きに挑戦。

Img_0311

奥からつぶあん、カスタードクリーム、サツマイモ餡です。ボリュームはあるのですが、サツマイモ餡のお味は大味でイマイチ(^^;。今のところ鯛焼きなら本川越駅前の鯛焼き屋さんが一番です。ここのは全体のバランスが良い上に、皮がパリっとして美味。つい尻尾を最後に残してサクパリッてしてしまいます。

Img_0333

初雁醤油さんがやっているらしいお団子屋。先週はとても美味しかったのですが、今回は焼きが雑で×。コゲが苦いくせに、じっくり付け焼きすることで表面全体に出来る焼き皮が見当たりません。イイカゲンに焼いたのが見え見え。団子焼き道は奥が深いのだぞ、修行せよ>店員。

Imgp0260

今回一番旨かったのは蓮馨寺境内隅にある茶屋のお団子&おいなりさん。おいなりさんは色の割には塩味は少なくちょい甘め。お八つ代わりにまた来ようっと。

Img_0335

まぁ何ですね。原因は何にせよ、商売ですから流行り廃れはありますね。このお店、以前は看板にある煎餅「発狂君」が地方新聞にも載ったことがあるのですが(20~30年前ですが(^^;)、ここ数年開いているのを見たことがありません。旨いものを見つけたら、旬のうち&無くならないうちに、舌に覚えさせておこうと思いました。さ~次は東屋の鰻だ!

|

« メンテ用サブタンク完成 | トップページ | GS整備オフ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。