« 小鹿野町のわらじカツ丼 | トップページ | モーターショーの看板モデル »

2009年10月13日 (火)

883Rのリアブレーキパッド

昨日で XL883R の走行距離は9000kmを超えたのですが、奥武蔵グリーンラインを走っている辺りからリアブレーキが鳴き始めました。それもキーキーじゃなくゴリゴリっていやな感じ。今朝改めてみたら、リアブレーキパッド外側の残りが、3mmはあるけど4mmは無いな、という状態で、パッドに彫ってある残り表示の溝も消えていました。内側(ホイール側)は良く見えないけど、8mmは残っているようです。

リアのキャリパーは構造的にパッドが片減りしやすいようで、既にパッドは限界のようです(T-T。

反面、フロントはまだまだタップリ残ってました。自分の走りからして何かちょっと腑に落ちない感が残りますが(引きずってたんじゃないかとか…)、またアルファ詣でです。

宜しく>メカさん。

|

« 小鹿野町のわらじカツ丼 | トップページ | モーターショーの看板モデル »

コメント

命に直接かかわる場所なので、本日アルファさんで
パッド交換してもらいました。リアのみで1万余円也。
ちと痛かったな(^^;。

■メモ:
 走行9200kmでリアブレーキパッド交換

■松本さんへ:
 お食事途中お呼び立てして申し訳ありません
 でした(^O^。

投稿: Pawpaw | 2009年10月13日 (火) 21時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 小鹿野町のわらじカツ丼 | トップページ | モーターショーの看板モデル »