« 夏の夜の夢 | トップページ | ベスパ備忘録 »

2010年6月30日 (水)

ツバメのヒナ

2年ほど前からカイシャの軒下にツバメが巣作りをしています。昨年までは残念ながら(ツルツルの壁のせいで巣が落ちちゃったり、糞落下防止用棚に怯えて(多分)巣を放棄したりで)産卵まで至りませんでしたが、今年は初めてヒナが生まれました。

P1030646

右の子、朝ごはんの虫をくわえたままですね。無事に育ってくれることを祈ります。

さて、ツバメ以外ではセキレイが営巣した記録があるのですが、こちら↓は営巣場所が階段の途中の頭の上で、壁を伝ってダニが発生・拡散したりして大変でした。

 http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2008/06/post_bd86.html

上の子、見つけた(巣から落ちた)翌日には居なくなっていましたが、生き延びていれば良いなと思います(カラスが多いんです、この辺)。

それにしてもというか、奇しくもというか、撮影カメラはバリアングル液晶付きの MINOLTA DIMAGE A-1 と LUMIX G1 ですね(G1 は旧 MINOLTA の技術者がパナソニックに移って作ったカメラと思われます)。基本的に物欲・食育・ペットネタが多いブログの写真用ですので、今ではメインカメラのバリアングル液晶(モニタ)は私にとって必須の機能となってしまいました。それに、G1 の写真機としての機能や使い勝手には、長年親しんできた minolta ~ MINOLTA のカメラに通じる所があり、それがまた愛機になりえた理由の1つです。

あ~G2欲しい… と自己暗示かけてドースル?(^^;

■最近の G1

Img_0515

付けっぱなしにしている標準ズームの花形フードがですねぇ、バヨネットの所がスカスカになってしまったせいか、最近良く落ちるんです。なので、先週からフードなしで持ち歩いています。逆光が好きなのに、これで良いのだろうか?と自問していたのですが、フードが無いと実にコンパクトに収納できることに気づきました。最近のレンズは逆光特性良いし、レンズ前面にはプロテクター付けてるし、収納時は緩衝材に包まれているので、フードは無くても結果オーライですね。更に 20mm F1.7 付きにしたら、どんなにコンパクトになるやら?

あ~ 20/1.7 欲しい… と自己暗示かけてドースル?の2(^^;;

|

« 夏の夜の夢 | トップページ | ベスパ備忘録 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。