« 甲斐の国は祖先の故郷? | トップページ | 入間の語源は② »

2011年3月 2日 (水)

入間の語源は?

■1.アイヌ語説

いるまおい(アイヌ語で熊の足跡)→いるま→入間→入間川、とか。これは初耳。ほんと?

 http://irumaoi.blogspot.com/

そこで、以下の辞書(ネットで一番詳しそう)で単語レベルで調べてみました。

 http://homepage3.nifty.com/tommy1949/aynudictionary.htm

上記辞書によると、「足跡」では「apir(獣の)足跡」「ru」「i'ruwe (獣の)足跡」「rukoci~の足跡」「ruwe」「ruwehe」、「熊」では「kamuy」「kamuy'caca」「kim'pe」「kim'un'kamuy」「si'yuk」という読みの語が出てきましたが(その他にも似たような語も見ましたが)「い」「いる」「いるま」…「まおい」や「おい」で、そういう意味の語は出て来ません。一番近いのは「i'ruwe」。

逆に、そのものズバリはコレ↓

 「irma 逆さまつげ 」(^^;

ここでありそうな複数の単語を合わせると…

 iri 皮をはぐ
 ma  焼く
 o   
  i   o + i で~が沢山ある所。

合わせると、良く皮を剥いで焼く(いた)ところ。文法的に合っているか知らんヌップ!

o i の使い方で参考にしたのはここ↓。この人凄いなぁ。

 http://www.geocities.jp/otarunay/index.html#top

この人の辞書によると、例えば「マオイ」なら、

 maw
 o i

「ハマナスのあるところ」となります。入間とは関係無さそうですが…

で、先の i'ruwe を使うと

 i'ruwe
 o i

「獣の足跡が沢山あるところ」が出来ますが、「i'ruwe o i」は「いるまおい」じゃないですねよ。方言とか語尾変化とかあるのかなぁ…

そもそも「入間」は7世紀ごろに出来た「入間郡」が語源でしょうから、入間郡の語源を探らなければいけません。アイヌ語説を採るなら、7世紀以前のアイヌ語の発音と意味を直接・間接に知らなければいけませんが、アイヌ語は文字を持たなかった言語であるため、直接的に証明するのは困難と思われます。

というわけで、アイヌ語説は未証明に終わりました。

というか、7世紀ごろといえば、渡来人が沢山入ってきて、朝廷にも渡来人の名が散見される時代です。やまとことばに該当する語が無いなら、古代朝鮮語説が有力なんじゃないでしょうか? アンチ朝鮮な人なら、「古代朝鮮語由来」より「アイヌ語由来」の方が認めやすい、というのがアイヌ語説の真実だったりして。

■2.古代朝鮮語説

Wikipedia に

 「入間川」や、その流域の「入間町」の「いりま」や「いるま」などの名は、
  古代朝鮮語のiru-omiが転じたものと考えられている」

とありますが、「いるまおい」以上にソースが不明です。

 因みに Google 翻訳で「日馬」を日本語→現在韓国語に翻訳すると、
 発音は「ilma」になりますが、ま・さ・か?
 日馬で思い起こすのは力士の日馬富士(はるまふじ)と、
 日出処天子:厩戸王子=聖徳太子です。

一方、ここ↓などには、武蔵野国全体に渡来人の足跡が認められる、との意見があります。

 http://www.musashigaku.jp/index.html

 > 高句麗系渡来人:高座(大磯)→高麗郡
 > 新羅系渡来人 :新座

新座って新羅が語源だったんですね!

 > 高座郡は置かれたとき高倉郡と書かれていた。
 > 読み方は高倉・高座どちらも「たかくら」である。
 
現在の入間市の中心部に「高倉」という地名が残っています。これも高句麗系渡来人由来だったとは…

古代朝鮮系渡来人の影響を多かれ少なかれ否定する人(説)も多いですのですが、上記サイトは読んでいても違和感が少なかったです。
 
おっと、古代朝鮮語説は発散してしまいました。

■3.おまけ

入間詞(いるまことば)または、入間様(いるまよう)

 http://kotobank.jp/word/%E5%85%A5%E9%96%93%E8%A9%9E

これも知りませんでした。世の中知らないことばかり。一生勉強ですね。

|

« 甲斐の国は祖先の故郷? | トップページ | 入間の語源は② »

コメント

アイヌ語には、「ヲシテ文字」という文字が有ります そしてアイヌの「古事記」「日本書紀」ともいえる「ホツマツタエ」というのが有って、その古代文献・資料は「ヲシテ文字」で書かれているとのことです アイヌ語に文字が無い、という虚偽は訂正して下さい 入間市の「高倉」は文字通り、いろいろな(食糧など)物を貯蔵する、高くした(高床式のような)+倉の意味です 高句麗:こうくり と高倉:たかくら(こうくら、ではないです)は無関係です それに高句麗はハングルの発音では「コクリョ」です(「こうくり」は日本語読みです)+新羅:シラギもハングルでは「シンラ」という撥音です 新座:にいざ、と「シンラ」では違い過ぎますよね?

投稿: | 2017年8月 8日 (火) 16時32分

>文字を持たなかった
 文字を持っていたとの説も確定はしていないようですので、【言語として特定の文字で表記する方法は定まってはいなかった。】と訂正させて頂きます。

>ヲシテ文字・ホツマツタヱ
 学者じゃないのでコメントは差し控えさせて頂きます。

>ハングル
 そもそもハングルは高句麗語じゃないですよね。

>高倉の地名
 高倉福信がキーマンだったりして?

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%80%89%E7%A6%8F%E4%BF%A1

 【宝亀2年(771年)武蔵国の東山道から東海道への移管について[25]、国守であった福信が関与していると考えられる。】

現存する高倉の地名の分布との関係を探ると面白いかも?

所謂「半島がルーツネタ」は、昨今の嫌韓(嫌朝鮮)ブームの中ではなかなか大声では言えませんが、中には全否定できない案件も多いと思います。

投稿: Pawpaw | 2017年8月 8日 (火) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲斐の国は祖先の故郷? | トップページ | 入間の語源は② »