« CBR250R | トップページ | 秩父にも支援を »

2011年4月 5日 (火)

BMW R100GS オイルフィルターの謎Ⅱ

以前 BMW OHV-R 用のオイルフィルターセットに入っている紙ガスケット、Oリング、パッキン、シムの使用法に付いて諸説書かせていただきました。

 http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2008/11/bmw-ohv-r-0fe8.html

現在私は上記記事の■7.5)、即ち「紙ガスケットなし、Oリング、断面四角パッキン、金属シムなし」のレシピを採用しています。根拠としたのは以下に示す R100GS/R80GS の日本語リペアマニュアルにある図と説明文(説明文は割愛)です。

P1000031t

注意すべき点は、オイルクーラー付きの R100GS と、オイルクーラーなしの R80GS では、オイルフィルターの向きが異なること、R80GS では内側の断面四角のパッキンを使わないことです。

BMW が出している汎用のオイルフィルターキットには、上記日本語リペアマニュアルに説明がない紙ガスケットや、厚さ 0.3mmのワッシャ(シム)、銅のワッシャーなども入っていて、どれをどう使うのかが、今もって謎です。

結論を出す前に、Rのオイルフィルターと周辺の構造を見ておきましょう。

以下の2つの図はヘインズのマニュアルにあった図です。

P1000033t

これ↑は R100GS ではなく、古いRやRSの構造図です。オイルクーラーなしの R80GS はこれらと同じ構造の筈です。

P1000035t

こちら↑は RS、RT となってますが、オイルポンプからのオイルの流れをオイルフィルターを貫通するパイプで延長してオイルクーラーへ導くという点で R100GS も同じ構造の筈です。やはり、オイルフィルターからの戻りラインと、オイルフィルターケースの内側(=オイルフィルターの外側)を分ける目的で、断面四角のパッキン(上図上には O-ring と記載されていますが、実際は断面四角のゴムのリングです)が使われているようです。

※なお、R100RS、RT ではオイルクーラー途中にサーモスタットがある(冷えているときはオイルフィルターヘッド内でリターンする)ようですが、R100GS にはこの構造はありません。

これらを総合すると、R100GS で許容できる「レシピ」は以下の2つと思われます。

 1)ヘッド・紙ガスケット・Oリング・断面四角パッキン・ワッシャー
 2)ヘッド・Oリング・断面四角パッキン

本来ワッシャーは、昔のモデルなどのオイルフィルターケースの端面が断ち切りのモデルにOリングの座りを良くする目的で設置するもののようですが、R-GS の場合は、紙ガスケットを使う際(上記1の場合)のOリングの押し代の減少分を補うために、Oリングとフィルターケースの間にワッシャーを入れるものと推測しています。

…ということまでは「独自研究」したのですが、どこまで正解かは不明です(^^;。

|

« CBR250R | トップページ | 秩父にも支援を »

コメント

Oさんのところで最初、「これを付け忘れたかもしれない」と断面が四角いパッキンを見せたときにOさんはかなり慌てた様子でした。「それはかなりやばい。もしそうならエンジンが焼き付く」と言われたのです。なぜそう言われたのか納得しました。

実際にはそれを付け忘れていませんでした。というより古いのが残っていたのです。不幸中の幸いでした。まさに知らぬが仏。

投稿: 柳澤 | 2011年4月 8日 (金) 05時44分

>断面が四角いパッキン

 ともあれ、無事で何よりでした。

 図面からでは分かり難いと思いますが、1)オイルポンプからのオイルがオイルフィルターを貫通しているパイプを通ってヘッドに導かれ、2)オイルクーラーで冷やされた後、3)オイルフィルターのヘッド側の(パイプの外側の)孔からフィルター内に戻り、4)ろ紙でろ過された後、5)オイルフィルターケースに送られ、6)さらにエンジン各部に回っていく、というのがオイルの流れのようです。

 断面が四角のパッキンは、上記3)と5)を隔てるためのパッキン(機能的にはOリング)なので、これがないと、オイルクーラーから戻ってきたオイルはフィルターを通らずに(ろ過されずに)エンジン各部に送られることになります。何せ古いRですから、オイルラインにスラッジやカーボンのカスなどが回ってくる可能性が高いです。O氏の「エンジン焼きつく」と言うのは大げさな話ではなく、現実ですね。

 他にも、オイルクーラーが詰まり気味、もしくは詰まった時の安全対策は?とか、パイプとヘッドの継ぎ目で少しは漏れるんじゃね?とか、小ネタがあるのですが、現物を見ながらでないとなかなか説明が難しいです。

投稿: Pawpaw | 2011年4月 8日 (金) 08時11分

■追記
 つーか、R100GS のオイルラインって欠陥だらけじゃね? と思うこの頃です(^O^。

 オイルクーラーなしのモデルの構造(オイルフィルター両脇をパッキンで押さえ込む)はまだマシと思います。

投稿: Pawpaw | 2011年4月 8日 (金) 08時16分

この記事へのコメントは終了しました。

« CBR250R | トップページ | 秩父にも支援を »