« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

新顔

庭に置かれたダンボールの箱。

P1010454

ちょー強いロボット:ダンボーでも入っているのでしょうか? それにしては孔が沢山明いていますね(バレバレ(^^;)。

P1010457 

娘が開けます。

P1010461

じゃ~ん!

続きを読む "新顔"

| | コメント (0)

新たなる目標

ウサギ好きなら一度は参拝すべき神社を発見。

http://www.thread.co.jp/tukinomiya/

いくっきゃない!

| | コメント (2)

2011年10月29日 (土)

高倉麦酒

川越でコエドビール生に酔ったイキオイで、鶴ヶ島の高倉麦酒のイベントに乱入してきました。

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/10/post-6696.html

P1010408

場所は東武東上線若葉駅北のキングショップ誠屋さん(↑)。

P1010412

会場はその駐車場。

続きを読む "高倉麦酒"

| | コメント (0)

河越夜戦の激戦地を辿る

1546年に河越城を舞台に、扇谷(おうぎがやつ)上杉家・山内(やまのうち)上杉家・古河公方(こがくぼう)らの連合軍80000人と、北条軍3000人(河越城守備)+8000人(援軍)=11000人の間で繰り広げられ、連合軍に戦死者11000~13000人を出したという、「河越夜戦」の激戦地を歩いてきました。ま、要するにいつもの川越散策なんですけど(^^)。

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/10/post-94ff.html

先ずは蓮馨寺(れんけいじ)でお参り後一服。次男と私は団子屋で団子とお稲荷さん。食べ終わるや否や、次男はオモチャ店「おびつ」さんに行き、カードゲームゲト! お参りしたせいか、レアカードが2枚も出た!とホクホクしてました。これはきっとおびんづる様の御利益だぞ。

P1010314

一方長男は太麺焼きそばでした。カードゲームも卒業したようです。その代わりライノベに没頭(^^;。脇にいるのは境内にいつもいるネコ。

P1010318

長男が座っているのは鐘楼(梵鐘)です。

P1010320

蓮馨寺の本堂他は江戸時代だったか明治だったかの大火で焼け落ちて、古くからの建物は鐘楼と上の手水舎だけとどこかで聞いたんですけど、どこだったか忘れました。因みに開基は 1549年。河越夜戦とも関連があります。

http://www.jodo.jp/12-029/

P1010322

手水舎の龍。片目じゃないよ(^O^)。手水舎の屋根にも色々彫り物があるらしいので、次回は三脚立ててじっくり撮ってこようかと思います。

続きを読む "河越夜戦の激戦地を辿る"

| | コメント (0)

鶴ヶ島の地ビール

鶴ヶ島市発の地ビールが出来たそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20111028-OYT8T01338.htm

ちょっと、いや、かなり飲んでみたいです。じゅるっ!

さて、このビールを扱っているのが鶴ヶ島市のキングショップ誠屋。

http://www.k-makotoya.net/

Ws000000

今日18時からイベントだそうで。最寄り駅は若葉(川越から東上線で坂戸の手前の駅)。以上備忘録!

続きを読む "鶴ヶ島の地ビール"

| | コメント (0)

2011年10月26日 (水)

美談

トルコ地震の取材記事です。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E4E2E2EB8DE0E4E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

【多数の死傷者を出したトルコ東部の地震被災地では避難生活を送る人々がお互いに助け合い、落ち着いた行動を呼び掛け合っている。「日本人を見習いたい」。東日本大震災で注目された日本人の忍耐強さ、秩序を守る姿勢が教訓となっている。】

「これは一部の人だけだろう」とか、「日本人に都合の良いように加工された情報だよな」とか、ネガティブな考え方も出来ましょうが、私はやはりこれは美談と捉えたいです。ついでながら、「その方が規範を示せた日本人としての誇りも得られるというものです」 な~て思っちゃダメですよ!

さて、トルコと日本の関係で忘れてならないのは、明治23年(西暦1890年)に起こった「エルトゥールル号遭難事件」です。

Ertugrulfirkateyn

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%AB%E5%8F%B7%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ううっ美談だぁ! ここまで来ると、歳のせいで緩んだ涙腺からの濁流が止まりません。更にこんなことも…

http://www.turkey.jp/2003/info03_5.html

うぉ~、今度ドコカのお祭りに行ったらドネルケバブ食ったる!

以上、カミーユ・美談がお送りいたしました!(嘘)

※「カミーユ・クローデル」が元ネタなのね>カミーユ・ビダン

| | コメント (5)

2011年10月25日 (火)

LED がいいだ

昨日は滋賀県草津市まで車で日帰り出張でした。約1時間差で "日帰り" はできませんでした(T-T)。

それはさておき、帰路の深夜の中央高速飯田市付近で、"あること" に気が付きました。飯田市付近の街灯の光がやけに "紫っぽい" のです。さては LED 照明(外灯)だな、と直ぐ推測はできたのですが、それにしても半端な数(率)ではありません。今朝ググってみると、案の定!

http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/www/info/detail.jsp?id=6137

http://www.city.iida.lg.jp/reiki_int/reiki_honbun/ae70611261.html

http://nesuciida.isilip.com/

市が補助をしていたんですね>外灯(防犯灯)。狭山辺りではまだまだのようですが、裸電球のように、蛍光灯を見て懐かしく感じる時代がもう直ぐ来るのでしょう。

続きを読む "LED がいいだ"

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

河越夜戦

1524年から1546年にわたって、北条氏(後北条氏)、関東管領(かんれい)上杉2氏(山内上杉氏・扇谷上杉氏)、古賀公方足利氏らを主人公に、河越(川越)の地で4度の戦が繰り返されました。中でも1546年の「河越夜戦」は後の各氏と川越の町の趨勢(明暗)を決定した重要な戦だったようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E8%B6%8A%E5%A4%9C%E6%88%A6

何より目を見張るのはその動員数。河越城(お、母校!)を守る北条方3000人+援軍8000人に対し、攻める上杉方連合軍が8万人というのですから、こりゃ凄い! 激戦地が現川越市の東明寺周辺(特に南側)。これ、子供たちとよく行く菓子屋横丁のちょっと先です。戦死者も半端じゃなくて、連合軍側が11000~13000人だそうで、明治になって東明寺付近から4~500体もの遺骨が出たそうです。

う~ん、知らなかったなぁ…

中には、古井戸に落ちて死んだ難波田憲重(なんばだのりしげ)、とうとう遺体すら見つからなかった扇谷上杉家の朝定(おおぎがやつ・ともさだ)なんている悲惨なメインキャラも居たりして、「すてきな金縛り」なんてのが流行りそうな昨今、やっぱり川越散策は欠かせないな、と思いました(こじつけ)。

というようなことを調べているうちに、かの松本清張が河越夜戦をネタにした推理小説(ミステリー)を書いていることが分かったので、早速ポチして読んでみました。

Book1_2

続きを読む "河越夜戦"

| | コメント (2)

2011年10月19日 (水)

大江戸最終防衛ライン

文部科学省が空間線量と放射性物質積算値の測定結果を公開するサイトを作成しました。

http://ramap.jaea.go.jp/map/

おー、なかなか良く出来ていますが、電子国土版は未だ東京・神奈川・新潟のデータは反映されてませんね。PDF版で見ると東京都内の詳細が分かります。

 ※はい、ここからは科学の目を打ち捨てて書きます(^O^。

前にも書きましたが、どう見ても徳川家康、あるいはそれ以前の誰かが張った江戸(日光-江戸)の結界は今でも機能していますね(^^;。中でも荒川は最終シールドだったのかも?

最大の問題は、今や江戸(東京)だけが守るべき地域ではない、ということですね。新しい結界を考えねば…

 ※はい、伝奇小説ネタ終わり。

件のサイトですが、やはり少々重いようです。もっとお金かけようよ>政府。

| | コメント (0)

2011年10月18日 (火)

YAMAHA リコール情報

http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2011-10-18/

ウチのJOG太郎、しっかり入ってますな(^^;。

ところで、トリッカー用の着せ替え服が気になって仕方ありません。

http://www.yamaha-motor.jp/mc/lineup/sportsbike/tricker/ty-s/

Ws000000_2 

何しろ最初のバイクが TY-50 なもんで、ホスィー! えっ、ガワだけで8万弱!?

| | コメント (0)

気になる LUMIX FZ150

ツーリングや、日常の記録や、仕事の資料作りや、年数回の家族の旅の記録に使ってきたメインカメラ達ですが、年末の旅行に合わせて今回また新型を導入しようかと考え中です。というのも、最近神社仏閣系で趣味が増えたので、出来るだけワイドなレンズが欲しいのです。現在のメインカメラである G1/G2 だと、OLYMPUS の 9-18mm を導入するのが良さそうな気がしますが、何よりこのレンズは高すぎ。それに、これだとワイド用とテレ用で2台持ち歩かないといけないので、もうちょっとズーム比が大きいレンズ1本(1台)で済ませたいです。でもレンズ交換式だとどれも高いし… では高倍率ズームレンズ付きのコンデジではどうかな?

というわけで調べてみたら、価格.com コンデジクラスで1位は何と LUMIX FZ150 なんですね。

http://kakaku.com/item/K0000283426/

http://panasonic.jp/dc/fz150/

Ws000001

現時点でユーザー評価が 5.00 の満点というのは凄いです。ワイド側は 25mm 相当でまずまず合格範囲です。テレ側は光学 600mm 相当で "ヒコーキ" や "あらちゃん" もドアップで写せそうですし、G シリーズと違って接写も結構イケそうです。大好きなバリアングル液晶も付いてますし、私の写真の基本形である 3:2のアスペクトレシオモードもちゃんとあります(Panasonic は 3:2 を大事にしている)し、何より前のモデルよりわざわざ画素数を落とした点が評価できます。AF も速くなっているそうなので、スナップでも(どうせチョロスナですが)LUMIX G2 以上かも? 価格は買えなくもないという微妙な値段。う~ん、逝っちゃう? そうすると G システムはお蔵入りかなぁ。

とりあえず、帰りがけにでも現物を手にとって確認ですね。気絶しそう(^^;。

| | コメント (6)

2011年10月16日 (日)

プチ修理

昨週、通勤路でふと気がついたのですが、R100GS のウインカー(ターンシグナル)のインジケーターランプが点かなくなってました。ウインカーは転倒、じゃねー、点灯しているので、悪いのはインジケーターランプ周辺ですね。晴れ間を待って、本日プチ修理となりました。

Imgp1683

仮面を剥がしたGSは G/S 風で、これはこれでイイカモ。

Imgp1684

インジケーターパネルからソケットを引っこ抜きます。

Imgp1686

おみじゅ、じゃなくてランプに注目。ランドセル横にあるのは自動追尾式ランドセルミサイル?、じゃなくてソケットです。

続きを読む "プチ修理"

| | コメント (3)

2011年10月14日 (金)

BMW Special Model

BMW がまたまたスペシャルモデルを発表しました。

一番気になるのはF650GSの黒/黄色。

http://www.bmw-motorrad.jp/event_campaign/F650GS_special/index.html

Ws000000

ハンドリングにやや不満が残るF650GSですが、下駄代わりには丁度良いかも!

買えないけどね(^^;。

続きを読む "BMW Special Model"

| | コメント (2)

2011年10月12日 (水)

嵐のように猛々しく

今日は友人の葬式に行ってきました。

 http://www.terahakase.com/temple/detail/id/8968/

流石由緒あるお寺の(因みに夏目漱石(金之助)の作品にも出てくるお寺です)住職だけあって、系列店からの助っ人も沢山… それにしても44歳で先立つとは… 合掌。

続きを読む "嵐のように猛々しく"

| | コメント (2)

2011年10月 9日 (日)

埼玉県謎解き散歩

昨日「キノの旅XV」が出ているはずと、近所の本屋に行きました。

51fgc6dvcol__sl500_aa300__2 

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%81%AE%E6%97%85%E3%80%8815%E3%80%89-%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%99%82%E9%9B%A8%E6%B2%A2-%E6%81%B5%E4%B8%80/dp/4048709623/

レジの近くに行ったらこんな本が置いてありました。

51p05q78hdl__ss500__3   

http://www.amazon.co.jp/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C%E8%AC%8E%E8%A7%A3%E3%81%8D%E6%95%A3%E6%AD%A9-%E6%96%B0%E4%BA%BA%E7%89%A9%E6%96%87%E5%BA%AB-6-1-%E9%87%91%E4%BA%95%E5%A1%9A-%E8%89%AF%E4%B8%80/dp/4404040555/

新人物往来社ってのが如何にもアレですが、見出しがなかなか面白そうなので買ってみました。

続きを読む "埼玉県謎解き散歩"

| | コメント (0)

たまゆら

以前 Rollei 35 (Made in Germany の初期型) を買ってその造りに惚れこんで以来、次は Rollei 35 S 、それもシルバーと決めていたのですが、最近なかなか安くて良い個体にめぐり合いません。そんな折、こんなアニメが放映されはじめました。

http://tamayura.info/

ふむふむ…

ひとつめ:「大好きがいっぱいの町、なので」

瀬戸内の町、竹原に引っ越してきた写真が大好きな楓は幼馴染のかおると一緒に学校に通っています。
引っ込み思案な楓はこの町ではかおるは唯一の友達です。
学校の帰りに、壊れてしまっていた父親の形見のカメラ「Rollei35s」を取りに写真屋さんに行きました。
写真屋のオーナーは楽しい気持ちになれるからと楓の写真をとても気に入っていて、お店に飾っています。そこで楓は、写真をじっと眺めていた麻音、そしてのりえと出会います・・。】

なにぃ? Rollei 35S だとぅ! あぁ~、これでまた中古が枯渇する。あきらめて、猫十字社の小さなお茶会のモップが使っていた、Rollei 35 S の黒にしようかなぁ…

http://neco.cside5.com/index2.html

そうそう、たまゆらファンの皆様、Rollei 35 を買っても、レンズの出し入れにはくれぐれも注意してね! シャッターチャージしてからですよ!!

■■追記■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

買いました。

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/11/rollei-35-s.html

■■追記おわり■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

続きを読む "たまゆら"

| | コメント (2)

2011年10月 8日 (土)

東京都の空間放射線量他

出るかなぁ~と心配していた文部科学省による「航空機モニタリングの測定結果」が出ました。

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/10/1910_100601.pdf

Ws000000

続きを読む "東京都の空間放射線量他"

| | コメント (2)

2011年10月 6日 (木)

スティーブ・ジョブズ死す

昨日~今日、風邪でぶったおれている間に、スティーブ・ジョブズが亡くなってました。合掌。

| | コメント (5)

2011年10月 3日 (月)

W1ララバイ

何の拍子か、Amazon の「お勧め」に、故・広井てつお氏の「W1ララバイ」が出てきました。(きらたかし氏の漫画「ケッチン」を買ったからかな?) 全部ミスター・バイクとかで読んでいるだろうな~とは思いつつ、懐かしくてつい買ってしまいました。

61vljs8hul__sl500_aa300_

改めて上手い絵だと関心し、熱きモノが沸き立つ感じもしましたが、多分子供達の世代には受けない絵柄だし(上手いけど古い!)、描かれる世界や価値観も彼らにはワカンナイだろうなぁ… 珍走系の文化は根強く生き残っていますが、この漫画に描かれる世界というか価値観は、1・2世代で(私ぐらいの世代で)終わりのような気もします。

そうそう、この本、事実上の遺作。佐藤信哉氏と東本昌平氏がちょろっと出演しています。片山敬済氏の特別寄稿もあります。この本に描かれる価値観を全部捨てて先に進むことも可能ですが、持ってたら持ってたで、時々読み返して懐かしく&恥ずかしく思うこともあるでしょう。良い子じゃないバイク乗りのオジンにお勧めの1冊です。

と、思う一方、やっぱちょっとワタシにはコンナコトは悪い子過ぎて真似できませんね(出来ませんでしたね)。 ね?(^^;

| | コメント (2)

橋本園倒産

会社がある入間市宮寺の、その同じ町内にある茶園:橋本園が破産しました。

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111003-OYT1T00775.htm

前に書いた記事「狭山茶のルーツ」でもご紹介した歴史ある茶園ですので、何とか立ち直ってもらいたいものです。

 http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/09/post-5064.html

 http://www.hashimotoen.co.jp/about/intro.html

続きを読む "橋本園倒産"

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »