« Rollei 35 S | トップページ | Rollei 35 用ネックストラップ発掘 »

2011年11月20日 (日)

Rollei 35 S と歩く川越

今日は Rollei 35 S メインで川越を散策してきました。

Fh000020

フィルムは不良在庫の Kodak の ISO100 のカラーネガ(2種)。期限切れなのでどんな絵が出るやら。

Fh000003

フレームから外れたかな?と思ったけど入ってました。それなりに余裕があるよう(視野率は低めのよう)です。

Fh000005

いつもの蓮馨寺からスタート。

Fh000004

おびんづる様!

Fh000007

団子屋で団子・海苔巻き・お稲荷さんを頂きました。そうそう、Rollei 35 S はこれが最短撮影距離(0.9m)。やっぱアノようには寄れないですね。食べ物専用にクローズアップレンズ仕入れようかな?

Fh000008

大正ロマン通りで。流石機械カメラ。シャッターレスポンスが良いこと。

Fh000023

時の鐘です。いつもより遅めの時間帯だったので、いつも以上に観光客で賑わってました。

Fh000025

時の鐘から養寿院(曹洞宗)に向う途中のわき道にある、一般公開している古屋敷の庭先で、気持ちよく眠るにゃんこ。狙ったとおりのピント位置。

Fh000026

にゃんこは2匹いるようです(いました)。狙ったとおりのピント位置。

Fh000027

ここここ。ちょい前ピン?

Fh000029

そのちょっと先に出来た工芸品(簪とか)を売る小さなお店。

Fh000031

菓子屋横丁に飾られた菓子で出来た飾り。

Fh000034

サツマイモスティックをパクつく次男。この後 G2 に大量の食いカスがふりそそいでいたことが発覚しました(T-T。狙ったとおりのピント位置。

Fh000035

力車屋のおにいさん。そういえば1度も乗ったこと無いな。

Fh000037

菓子屋横丁の傘。色がイマイチだなぁ。今度はリアラですか。ちょい前ピン?

Fh010001

紫芋の饅頭こわい(^O^。ピントはOK?

Fh010002

川越市庁舎前の太田道灌像。

Fh010003

氷川神社です!

Fh010004

な~んか、七五三で凄い賑わい。信仰が盛んな神社は活気があって良いですね。

Fh010005

境内にはこんなお社もありました。

Fh010006

え~、ナニ? 縁起物??

Fh010007

前後しましたが、手水。ちょい後ピン。

Fh010009

夕日に照らされた黒塗りの土蔵。

Fh010013

骨の数が多い傘。これも狙ったとおりのピント位置。

■以上が Rollei 35 S での写真です。ここで軽くマトメ。

・以前 Rollei 35 を使っていたので、カメラを構える前にピント・露出・おおまかな構図を決めておくというお作法をすぐ思い出し、違和感無く使えましたが、アニメ:たまゆらの主人公がコレあるいはアレのレベルに達するには相当修行を積まないといけない、というか修行を積んだはずだ、と思いました。要するに、結構難しいカメラだぞ、と。その辺が(未だ?)アニメには描かれていない。どちらかというとその先にある、「より高いレベルの悩み」が描かれているようなんですよね。各話のエピソードは時間的に前後したりするので、これからその辺が描かれると楽しいと思いました。

・というわけで、一番難しいのはピントかなぁ。何しろAFでも距離計付きでもない目視によるカンの世界。Rollei 35 使いになる早道は、幾つかの距離 f.e. 1.5m、3m、6m を先ず体で覚え、被写体との距離を測ろうとするのではなく、被写体と自分がその距離になるように自分が移動することと思います。

・次に難しいのは露出ですが、カラーネガを使っておけば、ある程度イイカゲンでも何とかなっちゃいます。時間に余裕があれば内蔵露出計を使えば良いですし、単体の露出計を使いながら撮るのも格好よいと思います。ただ、私は今日は全部カンで撮りました。この位は体に染み付いちゃってます>よね?>輸入写真機趣味な皆様(^^;。

・Rollei 35 系には逆光に弱いアングル・シチュエーションというのがあることが再確認できました。レールがねぇ… これを利用すると、「たまゆら」が撮れる可能性があります。今度試してみようと思います。

■以下はデジカメで撮った写真。一部息子が撮ったショットもあります。

P1010972

これは外せないでしょう(^^;。

P1010977

あ~デジタルだと途中の劣化が少ないなぁ。ブログの写真撮影道具としては、バリアングル液晶付きの、Gシリーズのようなカメラがベストと思います。

P1020024

メターって…

P1020047

氷川神社の大鳥居。

P1020050

拝殿全容。

P1020063

手水舎。

P1020085

とっても便利なジャックバウアーバッグの上で一休みする Rollei 35 S。でも私は既に次のバッグを狙っているのであります。それは吉田鞄のポーターシリーズ。でも高い!

P1050543

蓮馨寺に落ちていた桜の枯葉。

P1050567

芋恋というお菓子。

P1050590

先週撮り忘れた芋かりんとうの断面。

|

« Rollei 35 S | トップページ | Rollei 35 用ネックストラップ発掘 »

コメント

Rollei 35 Sかわいいですね。

でも,ちゃんと道具としての風格があるのは流石です。

明日はくにたちの自転車仲間と川越方面にサイクリングに行って来ます。

この記事をみて,ひさしぶりにT2を持っていくことにしました(^^)

投稿: たにやん | 2011年11月22日 (火) 20時24分

たにやんさんへ

ちっちゃくて、良く撮れるのですが、使う人の技量が試される、ナイフかハンドガンみたいな道具です(^^;。おかげで久しぶりに緊張感ある撮影が出来ました。結果はトホホですが(^^;。

>T2
いいですね~ そういえば、これも 40mm ですね。35mm も好きですが、40mm も大好きです。またぞろ MINOLTA CLE + M-ROKKOR 40mm や LEITZ-minolta CL + M-ROKKOR 40mm が欲しくなるこの頃です。現実的には LUMIX G 20mm F1.7(135判換算40mm)ですけど…

■最近の銀塩状況
安くて良いフィルムが少なくなりました。Kodak GOLD が1本 180円ぐらいで一番安いですが、コダックの色は今ひとつという感じです。後はフジの業務用か… お遊びなら海外の様々なフィルムを楽しむのもアリと思います。こんなのとか↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0-Solaris-ISO100-36%E6%9E%9A%E6%92%AE%E3%82%8A-HD288/dp/B00372DE2E/

CD-ROM 焼きこみサービスも発色やダイナミックレンジが良くないので、現像のみラボに頼んで、取り込みはケンコーのデジタルスライドコピア+APS-C デジカメが一番結果が良さそうです… と思ったけど、APS-C ボディがありませんでした(^^;。

投稿: Pawpaw | 2011年11月22日 (火) 21時32分

※訂正
T2 は 38mm でしたね(^^;ゞ。

投稿: Pawpaw | 2011年11月25日 (金) 17時33分

ローライ35、いいですね〜。
結局、僕自身は使う事無く、今に至ってます(^^ゞ
現行品の頃、買う直前まで行ったのですけど、最終的にはXAを選択した様な。
防湿庫のフィルムカメラは時々出して愛でる事はあっても、撮る為に持ち出す事は無いだろうなぁ。

投稿: カブ | 2011年11月27日 (日) 11時16分

カブさんへ

使い始めると(使い込むと)、カメラをホールドしている指に絞りダイアルが引っかかって気持ち悪いとか、コンパーのシャッターは高級なんだけどローライフレックスのソレには味で負けてるなぁとか、やっぱ愛でるならM型ライカだなぁとか思っちゃいます(^^;。

>XA
似たようなカテゴリに入る MINOX 35、Rollei 35、OLYMPUS XA。これらの中で確実に写真を撮るなら XA が正解と思います。あの大きさで使える距離計が入っているんだから、やっぱ米谷さんは凄い!

■今一番の問題
中古銀塩金属写真機趣味に火がついてしまいました。今度は(また) Rolleiflex SL35 にしようかと… こんなの↓とかとってもアブナイです(^^;。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f104777642

付いてるレンズはアレですので、Rollei Planar 50/1.4(1.8)か Sonnar 85/2.8 が別途欲しくなりそうです。でもそうすると、またお小遣いが枯渇して問題になりそうです(^^;。

■もっと切実な問題
安いフィルムが近くに置いてないんですぅ。Amazon でトキワのコダックゴールド100 36EX が一番安いようですが、20本まとめては辛いです。ソラリスみたいな変フィルムも使ってみたいし…

明日は東大駒場に出張なので、行きがけか帰りがけに新宿でも寄ろうかと思ってます。

投稿: Pawpaw | 2011年11月27日 (日) 15時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« Rollei 35 S | トップページ | Rollei 35 用ネックストラップ発掘 »