« 喜多院~中院 | トップページ | LUMIX GX1 »

2011年11月 6日 (日)

Twenty Four

■1.24
米国のTVドラマ「24」のシーズンV (1~4) を借りてきて見始めました。Amazon で「ジャックバウアーが使っていた」とキャプションが付いていたロスコのバッグは茶色だったんですが、映像でチェックしたらオリ-ブドラブ、即ち私が買った色でした。ジャックバウアーならODが似合うよな~と思ってODにしたのが正解だったようです。うっ、同じじゃ嫌だなぁ。黒にすれば良かった(^^;。

■2.たまゆら
Rollei 35S が出てきて、所々で語られる撮影の薀蓄に頷くことが多いアニメ:たまゆらですが、今週のネタは何と、「主人公のお母さんが元バイク乗りで、お母さんが働いている喫茶店(お祖母ちゃん経営の喫茶店?)に元ツーリング仲間がやってきて、お母さんが諸事情でちょっとお客さんの大型バイクを借りて乗る」、でした。問題はそのあめりか~んなVツインバイクのエンジン音。どう聞いても2ストシングルなんです。これにはトホホ。

今まででも、Rollei 35S じゃそんな接写はできんだろうとか、一体いつ露出やピントを合わせてるんだとか、謎な部分が多々あったのも事実。ピントに関しては、鍛錬さえ積めば、1)露出はネガフィルムを使えばまぁ大体同じシーンは固定でOK、2)目で見て被写体との距離を推定する、3)ピントリングを一旦無限遠まで回しきる、4)測った距離に相当する位置までピントリングをカンで回す、5)構図・シャッタチャンスに合わせてシャッターを切るの順で撮影し、傍目には何もやっていないように見えながら傑作を撮る事も、理論的には出来ます。私も昔 Nikon F2 & 50/1.4 (F5.6 固定)や Leica M6 & 35/2 で練習したっけ…(^^;

|

« 喜多院~中院 | トップページ | LUMIX GX1 »

コメント

ロスコのバック
Amazonのレビューで、ジャック・バウアーがそのバックから取り出したものを列挙してあって、ほぼドラえもんのポケット状態。

ピント
NHKでアラーキーさんが、インタビュー中にPENTAX LXをさっと取り出し、インタビューアーのアナを撮ったときは「プロの技、観たあ」と思いました。

投稿: komi3 | 2011年11月 6日 (日) 13時17分

komi3 さんへ

>ほぼドラえもんのポケット状態。

そーなんですよ、LUMIX G シリーズならレンズ付きのボディが6台+右ポケットにペットボトルのお茶+左ポケットに500mlの缶ビール位楽勝でイケそうです(^O^)。

>アラーキー

Nikon と PENTAX の MF SLR レンズなら、カメラ前側から見て CW 方向にピントリングを回すと近距離側になりますから、例えば腰位置のカメラバッグからカメラを取り出しつつ、右手でホールド&レリーズ準備をし、右手と左手と胸(脇)(縦構図なら額も)が作るトラス構造に持っていく流れの中で、左手で無限遠からバストショット位置ぐらいまでのピント送りをする、というのが自然に出来ますね。これが Leica, Canon, OLYMPUS, minolta, CONTAX(Y/C) だと逆になっちゃいますね。

今ではもう上記みたいなこと(特訓)はやりませんが、ピントリングに指を引っ掛けるところのある Leica M レンズなんかはまた使ってみたいな~(煩悩の種は尽きまじ(^^;)

投稿: Pawpaw | 2011年11月 6日 (日) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜多院~中院 | トップページ | LUMIX GX1 »