« 八仙堂が一時休店 | トップページ | 辰 »

2011年12月23日 (金)

LUMIX G 45-200

今日は次男ではなく長男を連れて川越散策です。

P1000010

先頃購入した2台目の G2 と 45-200 で鬼瓦等の屋根周りを中心に撮影しました。

P1000013

蔵造りと分かる重厚な扉。川越の蔵造り自体は明治になってから流行ったそうですが。

P1000016

時の鐘。現在の時の鐘の建物は3代目だったか4代目。柱もつなぎじゃなく大木4本を使ったぶち抜き?だそうです。柱材の移動の際に角地の店の戸板や障子を外して、柱を店の中をくぐらせる等、労力と工夫を要する大変な作業だったそうです。運んでみたら「曲がれねぇじゃん、戸板外しちめぇ!」「おう、店ん中通るけどごめんよ!」ってな場当たり的な作業だった可能性も否定できませんが(^O^。

P1000020_2 

時の鐘の裏の神社の鈴。今日も家内安全・無病息災・プロジェクト成就(^^;。

P1000023

その神社の瓦。

P1000027

時の鐘の別アングル。街灯を入れてボケ具合のチェック。余りボケないなぁ。例によって酒屋の前から撮りましたが今日は車なので、残念ながらビールはナシ。

P1000035

ちょっと道路に出て街灯を外したこの写真の方がイイかな?

P1000039

え~と、何とかというヤツ。俵と言うか稲荷寿司みたいのは鬼瓦じゃない、のかな?<調べてから書けよ(^^;。

P1000048

蔵造りの街並み。今日は竹本泉的スコーン晴れ。

P1000052

銀行の塔の屋根。ラプンツェルやクラリス・ド・カリオストロみたいな悲劇の美少女が閉じ込められて… ないか(^^;。

P1000057

オモロイ鬼瓦。

P1000079

うを~、こんな家建ててみてー!

P1000097

大正ロマン通りの一角で、逆光特性試験。これなら合格以上!

P1000105

突然ですが昼飯はココ。前から店の前の行列が気になっていた林家さん。今日はすっと入れました。誕生日だから奢ってあげるね>長男。

P1000108

なかなか趣のある店内。近所の小川菊さんが客を奪われないか心配。味は… これなら時々来ても良いかな。本店はココ↓のようです。鮎や鰻をメインとした川魚専門店のようで、川越店にも竹製の鮎竿(友釣り用の竿)が簾風にして飾ってありました。

 http://www.nasu-hayashiya.co.jp/index.php

以前この建物は米屋か酒屋だったような気がするのですが、今や地元以外から来た店が川越の街並みに溶け込んで商売をしています。なんだかな~と思う一方、江戸時代から商売とは生き馬の目を抜くようなもので、ハヤリスタレがあるのが定め。ま、上手に生き残ってこそ血や技や文化が保てるってもんです、ハイ。というわけで、がんばんべ~

P1000122

そんな街の移り変わりを見ていたであろう、蓮馨寺の手水舎の龍。龍の鋳物は新物らしいですが、手水舎は築400年以上のようです。蓮馨寺は17世紀初頭の大火で大半が消失してしまうのですが、手水舎と鐘楼は焼け残ったのだそうです。

P1000133

その手水舎の鶴の彫り物。これは400年モノかどうかは不明。

P1000130

蓮馨寺本堂の龍の彫り物。因みに蓮馨寺の寺紋は三つ葉葵です。江戸時代、蓮馨寺の前を通るときは、大名でさえ下馬して槍を寝かせて通り過ぎたそうです。

P1000137

この過熱起動… 何て変換しやがる、鐘突き堂(鐘楼)も築400年以上らしいです。鬼瓦も400年モノかなぁ? 改めて見ると結構凄い形相。子供の頃母方の祖母の家に遊びに来る度に蓮馨寺で遊んだものですが、そんな歴史ある寺とは(というか歴史の何たるかを)知りませんでした。

P1000213

うわ~400年!?

P1000218

こっちもか!?

P1000148

場所は変わって、熊野神社の弁財天。

P1000167

その近くの稲荷のお狐様。

P1000179

熊野神社の社殿の屋根。建築も勉強しようかな。一生勉強だなぁ。

P1000210

途中で行方不明になった(実際は寺社仏閣巡りがイヤでアニメイトに入り浸っていた)長男から、そろそろ帰るコール。駐車場に戻る途中で蓮馨寺で境内の鳩を撮りました。

■精進ご報告:
散策途中にある HARDOFF に入る前、Nikon F2 はこんな風だったんです。

P1020541

今日のお題の2つ目である Nikkor Ai-S 35/2 が付いてました。ところが出てきたら…

P1020539

Auto Nikkor S-C 50/1.4 が付いていたんです! まぁ不思議!!(^^;

P1020547

5250円也。気絶していた割には冷静で、Auto Nikkor でもちゃんと Ai 化(Nikon 純正 Ai 化)してあることを確認して買いました。Photomic DP-1 だから関係ないけどね。はっ、もしかしてニコンデジイチを導入する気じゃ…>自分。

P1020546

この辺を見ると、あまり使われていなかったレンズだということが分かります。こういうレンズを見ると無性に救ってあげたくなるのです。その結果お小遣い不足になって、結局オナイさんに売って、でも HARDOFF に居るよりは、写真機が分かっている人に買って使って貰える可能性が高くなるから、これでイイノダ! ですよね?>写真機の神様?

■散策の最後に:

P1020542

テニス部の練習で川越散策に行けなかった次男のために、蓮馨寺の何時ものお稲荷さんをお土産に買いました。

■まとめ:LUMIX G 45-200
いや、これは使えるレンズです。ただ、G1 & G2 共々小さい軽いシステムなので、長い側は換算 400mm ということを忘れて軽く扱ってしまい、ボケたりブレたりした絵を多々生んでしまいました。これには注意が必要です。ハマると実に美しい絵が出ます。

というわけで、日光が楽しみだぞ。待っててね>唐門の恙!

|

« 八仙堂が一時休店 | トップページ | 辰 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。