« 竹岡(カップ)ラーメン | トップページ | 二礼四拍手一礼 »

2012年1月 8日 (日)

川越の人力車

今日はちょっとしたイベントで川越を散策しました。

P1020832

コレに乗りたかったんですが、人数と時間の関係でお流れ。今日は何時もより観光客が多そうです。

リッチにタクシーに分乗して蓮馨寺に。

P1020835

蓮馨寺もイベントで人がごったがえしてました。

P1020848

今日主役の人に人力車をお勧めしました。

P1020850

今日もスコーン晴れ。

P1020858

蔵造り通りも人が多く、この程度に減るまで待つのに時間がかかりました。

P1020863

人力車のお兄さんは所々で停まって歴史ある建築物の説明をしてくれます。

P1020891

お兄さんのセッティングで、時の鐘近くで記念撮影。おっとココは…

P1020900

何時もの酒屋さんの前じゃないですかぁ。当然飲みます!

P1020913

人力車は途中から裏道を通って菓子屋横丁に向います。

P1020916

この裏道がまた心地よいスペースなので… (ぽって)

P1020921

出た! 謎のゆるキャラ。

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/www/contents/1248403804213/index.html

狭山市のゆるキャラもよろしく!

http://irumaoi.blogspot.com/

P1020926

菓子屋横丁1発目の駄物食いは何時ものイモスティック。

P1020930

たこ焼き煎餅もね!

P1020931

菓子屋横丁&周辺を散策の後、喜多院に向います。

P1020932

おっと、新年の縁起物? 以前ブログで取材?した福神様のようです。

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2006/01/post_3149.html

2006年1月3日の喜多院のだるま市の時でした。この時は KONICAMINOLTA 7D & Sweet DIGITAL だったんですね。

P1020933

おおっと、母校!(さては誘導したな…(^^;)

P1020945

お昼はココ、「寿庵」の「喜多院店」。観光客向けの趣向が光ります。待っているように見えますが、予約がしてあったので、待ち行列の方々を横目に2階の宴会場にするりと収まりました。愉快痛快&待ち行列の人ごめんなさい!(^^;

P1020942

と、そこは、慈覚大師:円仁さんが830年に開いた無量寿寺を基とする喜多院と、これまた円仁さんが同時代に滋賀県坂本の日吉大社を勧請して建てた日枝神社の両方が見えるという、格別の空間。こんな場所で蕎麦を食べたら寿命が延びそうですね。

はっ、もしかして寿庵の「寿」って「無量寿寺」から取ったのかな? そうだとすると、40年以上経て知る衝撃の事実! 早速寿庵のHPに…

http://www.kawagoe.com/kotobukian/aramashi_chizu.html

行ってみたけど、創業が明治中期とはありましたが、屋号のことは書いてありませんね。藤井家に訊くしかないかな?

P1020936

外は寒風&大渋滞。ここはポカポカ天国ぅ~ 因みに本日私が食べたのは「わりこ蕎麦」。寿庵の茶蕎麦のわりこ蕎麦は40年来の好物です。

なお、狭山茶のルーツの1つと言われる河越茶の本家本元が喜多院(中院に狭山茶発祥の記念碑がある)。長寿祈願の寿庵の茶蕎麦には川越1200年の歴史への尊敬の念が込められていたのです! そうなの?(^^;

P1020946

喜多院の本堂(慈恵堂、比叡山延暦寺中興の祖:良源上人=慈恵大師から)は参拝者で大行列。今日はここはパス! 本当は徳川家康公の (遺骸が久能山東照宮から日光山東照宮に移される途中で寄った後、本寺中に建てられた) 仙波東照宮にお参りしたかったけど、これもまたの機会にしましょう。

というわけで、本堂裏にあるどろぼう橋(これまた歴史あり)を抜けて住宅地を通り、繁華街から駅へと向いました。途中鏡山酒造跡のショップに寄って鏡山の純米吟醸と純米大吟醸とみそぽてとを頂きました。もう、お腹ぽんぽこでべろんべろん(^^;。

いや~駆け足だったけど面白かったです。何より財布が軽くならないのが良いですね(^O^。

|

« 竹岡(カップ)ラーメン | トップページ | 二礼四拍手一礼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。