« 川越散策でお宝ゲット | トップページ | 京都のしじみ汁のルーツ »

2012年3月11日 (日)

COX PEE WEE 02

川越蓮馨寺入り口脇の玩具屋さん:おびつさんは、道路を挟んで2店舗体制。蓮馨寺側が小さな子供向けの玩具やミニカー(ミニカーはむしろ大人が買っていく)で、その反対側はプラモデルやその他の模型を扱っています。今日何気なく後者の店舗に入ったら、こんな物を見つけてしまいました。

P1040048_2

京商のエンジン付きグライダーのキットです。グライダー本体は欠品になっていますが、エンジンが残っていました。良く見るとそのエンジンは…

P1040049

も、もしかして COX!? お値段は? えっ750円! うわっ、これは買わねば!!

P1040053

家に帰って確認したら、間違いなく COX とあります。0.020 キュービックインチですから、PEE WEE 02 ですね。なっつかしいなあ。このエンジン買ったことありますよ!

P1040050

キットにはグロープラグ用の積層電池や、

P1060065_3

燃料タンクまで付いています… って燃料入っていたんか?

P1060067

包装を開いて先ずエンジンを調べます。デッドストック品なので、イキナリクランキングは厳禁。最初にするべきことは CRC-556 を吹いて固着しているであろう脂分を除去&薄めの油膜を作ることです。処理後、プロペラを恐る恐る回すと、懐かしいピストンの感触が感じられました。クランクシャフト、コンロッド、ピストン、シリンダーとも特に問題は無さそうです。

P1060069

う~ん、格好よいなあ。

P1060071

このシリーズの大きな特徴は、エンジンクランクケースと燃料タンクが直結していて、キャブレターが燃料タンクに内蔵されていること。この構造から、エアインテークは燃料タンク後ろとなっています。

以前(36年ぐらい前)は、自分で設計・製作した小さなUコン機(木製・低翼・紙貼り翼・アクリルラッカー塗装・耐燃料塗装仕上げ)に乗せて、自宅の庭で飛ばしましたが(コントロールラインは釣り糸・飛行直径8~10m程度・ハンドルは荷物用フック)、さ~て、今度は何に乗せようかな。やっぱ Uコン機かな?

Fig3

主翼は作りやすい矩形翼にして、翼端だけちょっと整形。場合によっては翼後端は胴体から翼端に向うほど狭くなるように三角形のバルサをくっつけて、擬似テーパー翼にしても良いかも。翼型は NACA-0018 ↓かな。

http://www.worldofkrauss.com/foils/1240

それとも、02 だから抵抗の少ない NACA-0016 辺りかなぁ。

http://www.worldofkrauss.com/foils/384

上記サイトから拾ってきた NACA-0016 のデータを Excel で読み込んでグラフにするとこんな感じになります。

Naca0016

そうそう、左右の翼面積(翼長)を同じに描いてしまいましたが、周回外側となる翼長は内側より短めに作るのが Uコン機の定石です。

Fig1

スタント機より水平尾翼を遠めの位置にして、水平尾翼の面積も少なめにして、トレーナー機としての性格=扱いやすさを前面に出します。反面、02 の出力だと宙返りは無理かも。

Fig2

ラダーは外側に 5度、エンジンは3度ぐらい外向きかな。

Fig4

車輪はもっと大きい方が着陸が楽な筈。尾輪はソリで代用。

…と、夢は広がるけど、実現しようとするとお小遣いがドンドン減るので、困ったモンです。

■追記:記憶の底にある NACA-0018 / 0016 を思い起こして、六角大王で描いたのが上記 3D イラストですが、後から上記 URL で拾ってきたプロファイルと比較してみたら、こんな風になりました。

Memory

曲面を構成する点が少ないので、ちょっとガクガクしていますが、まぁ、翼だけに良く覚えていたもんだ、というレベルでしょうか? 後半はもうちょっと厚くても良いかなぁ。でないと剥離とか起こりそうです。ま、U コンだとベニヤの板っ切れにエンジン付けても飛びますけどね(^^;。

|

« 川越散策でお宝ゲット | トップページ | 京都のしじみ汁のルーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川越散策でお宝ゲット | トップページ | 京都のしじみ汁のルーツ »