« 安彦良和氏の描く円仁 | トップページ | 祇園祭の真実 »

2012年5月 5日 (土)

G20/1.7 で撮る川越

行ってきました川越。

P1040834

先ずは熊野神社。しばらくは G2 + G20/1.7 の写真が続きます。

P1040837

熊野神社参道の提灯。

P1040849

枡屋さんで何時ものコエドビール。

P1040851

G20/1.7 で撮る時の鐘。元画像を見ると、結構解像度あるのでちょっと驚き。

P1040853

薬師神社の拝殿のアップ。解像度はあるのですが、逆光気味ではややコントラストが落ちます。本格的なフード要るかなぁ…

P1040854

薬師神社境内の花のクローズアップ。

P1040855

薬師神社の絵馬。

P1040862

豆腐屋の脇からのショット。

P1040867

ヤマブ味噌で進められて飲んだメープルサイダー。美味いんだな、これが。

P1040869

猫屋敷(正式名称は違いますよ)の庭。

P1040874

ぬこ。

P1040927

角度を変えて。

P1040931

更にしつこく。

P1040881

菓子屋横丁への道に出店していた小物屋さん。「ウチの娘が描いたんですよ~」の娘さんがどんな方か知りませんが、お狐様(お稲荷様、本地仏はダキニ天?)が好きなんだそうです。時の鐘裏の薬師神社の摂社がお稲荷さんなので、そちらの神様かなと思ったのですが、白狐様なので後述の雪塚稲荷神社のお狐様かも? 良く描けてます。というわけで、左端の1枚とウサギのポストカードを買いました(^^*。

P1040892

菓子屋横丁点描1。いつものチンパン君。

P1040904

菓子屋横丁点描2。

P1040911

菓子屋横丁点描3。

P1040918

菓子屋横丁点描4。

P1040923

菓子屋横丁点描5。

P1040938

菓子屋横丁から雪塚稲荷神社への途中。

P1040949

雪塚稲荷神社です。白狐の悲しい伝説がある神社です。

http://www.kawagoe-yell.com/sightseeing/yukiduka-inari/

拝殿&本殿は入って右90度。祭神は良く調べなかったのですが、稲荷神のようです。稲荷神=宇迦之御魂神(うかのみたま、倉稲魂命とも)=御饌津神(みけつかみ)<荼枳尼天(だきにてん)ということで、怒らせると怖い祟り神ですんで、ちゃんとお参りしましょうね(^^;。

因みに、稲荷神社の総本社は京都の伏見稲荷大社。渡来氏族である秦氏との関係が深~い神社ですね。

P1040953

雪塚稲荷神社拝殿前に立つ、洞穴を持った謎の杉の木。後は手水舎。

P1040954

旧八十五銀行。

P1040956

蔵造り通り点描。

P1040958

昼過ぎの時点で再度時の鐘に戻ってきたら、こんなに混んでました。年間述べ600万人以上の観光客が訪れるというのが頷けます。

P1040961

揉まれちゃ堪らんので母校の方にエスケープ。

P1040962

母校近くのみどりや(有名店:一昨日TVに出てました)で焼そばでもと思ったのですが、暑さで食欲減退気味。デザートぐらいならと、喜多院方面に向かいました。

P1040965

成田山川越別院前の石像。

P1040968

お目当てのデザート(大名焼)は閉店中でした。ガックシ。

P1040970

久しぶりに仙波東照宮に登りました。ここは、駿府城で亡くなり、一時期駿府(静岡)の久能山東照宮に安置されていた徳川家康さん(の遺体)を日光東照宮に移す途中に寄ったことなどなどの理由で建てられました(だっけ?)。

http://www.kawagoe-hachimangu.net/toushougu.shtml

わー、4日間も法要やったんですか。何しろ天海さんのホームですからね>喜多院。家康さんを神として日光に祭る方法(山王一実神道)を決めたのがこの天海さん(慈眼大師)。その祭り方の詳細は秘中の秘だとか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%8E%8B%E4%B8%80%E5%AE%9F%E7%A5%9E%E9%81%93

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E7%85%A7%E5%A4%A7%E6%A8%A9%E7%8F%BE

【家康の遺言により、始めは駿府の南東の久能山(現久能山東照宮)に葬られ、一周忌を経て江戸城の真北に在る日光の東照社に改葬された。神号は側近の天海と崇伝の間で、権現と明神の何れとするかが争われたが、秀吉が「豊国大明神」だったために明神は不吉とされ、山王一実神道に則って薬師如来を本地とする権現とされ、元和3年(1617年)2月21日に東照大権現の神号、3月9日に神階正一位が贈られる。東照社は正保2年(1645年)11月3日に宮号宣下があり、東照宮[51]となり、さらに東照宮に正一位の神階が贈られ、家康は江戸幕府の始祖として東照神君、権現様とも呼ばれ江戸時代を通して崇拝された。】

というわけで、(以前も書きましたが)家康→東照大権現=薬師如来なんですね。

★以降 G1 + 9-18 で撮った写真です。

P1060992

大正ロマン通りの鯉幟。

P1070003

う~、素敵。倍率色収差?が無くてもっとシャープなら言うことないんですが、G1 + 9-18 ではこの程度。

P1070005

蓮馨寺の桜は既に緑を濃くしていました。

P1070007

いつもの蓮馨寺の団子屋さんで一服。

P1070034

雪塚稲荷神社近くの倉庫の扉。

P1070037

喜多院本堂。

P1070038

慈眼堂への参道。

P1070040

慈眼堂。

P1070043

こちらは仙波東照宮。神社形式なので狛犬が居ます。

P1070045

阿。

P1070047

吽。あ、ボケちゃった。

P1070050

本殿の造りは家光さんのお墓である、大猷院霊廟(たいゆういんれいびょう、日光輪王寺所属)に似ているような気がします。寺だったり神社だったりするのは、明治時代の神仏分離令のせい。

P1070053

喜多院ついでに日枝神社にも行きました。祭神は比叡山守護の神である大山咋神(おおやまくいのかみ)。

P1070052

本殿屋根。男神なので千木は外削ぎ、鰹木は奇数の三本… かと思ったら見えないだけで四本でした。まぁ、ルールって程の物じゃなさそうなので。因みに本殿脇の小山に登ると本殿がもう少し見え、ネットで探すとそのような写真を撮られている方もいらっしゃいますが、そもそもここ古墳なので(古墳の上に日枝神社を移設した)、私は高い所に登るのは控えました。

P1070058

おまけ:道すがら見かけたジモピーの R100GS。ナンバー無いのでコンペ専用かな? あ、でもフットレストはゴム付いたままですね。

■G 20/1.7 まとめ
 描写は良いのですが、AFが遅すぎで、必殺系スナップには使えません。その目的には、換算で36mmとなる M.ZUIKO 9-18mm の長焦点側の方がまだ良いです(AF 速いです)。う~ん、意外に使えないレンズかも?(^^; でもまぁ、肩に力を入れない、まったり系(脱力系)ブログ写真には良いですね。最近は子供を撮る事も少なくなったので、そっち方面を目指そうかな?

|

« 安彦良和氏の描く円仁 | トップページ | 祇園祭の真実 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。