« 超新星爆発かスーパーフレアか | トップページ | DSC-RX100 »

2012年6月 5日 (火)

別の道

表紙とおまけに釣られて、東本昌平の RIDE の最新刊を買いました。

P1070107

Jさんや、かの「しげのしゅういち」氏が乗っていたVTです。しげの氏のアパートに転がっていた凹んだタンク、割れたカウル等、今となっては懐かしい思い出です。

当時私はシリンダーがもう2個多い VF400 に乗っていたのですが、どちらも「ホンダらしく良く出来た」バイクでした。ただ、当時未だ十分こなれていなかったフロントの16インチの味付けは、「正統なバイクの乗り方」を身に付けるにはちょっと邪魔だったかも知れません。VF の後に乗った RZ250R や GPZ400F で、初めて素直に曲がるハンドリングというものを(素直に曲げるライテクの入り口を)知りました。

さて、おまけです。

P1070109

非常用のホイッスルです。北海道の原野では役に立たないでしょうが、奥武蔵グリーンラインでバイクを道に残したまま崖下に転落し(て生きてい)た場合などには有効な道具かも知れません。ただ、これ、造りがちょっと… 

P1070111

(良く見えないけど)リード部の斜めのカットにバリが出ていて、まるで某 FOTGA のマウントアダプターみたいです。それに、吹いても濁った音で、明らかにリード部の作り(造り)こみが足りません。また。筒の部分が外れて、中に小さなものを入れることができるようになっていて、一応ここは防水仕様なのですが、せっかくOリングを使っているのに単にパッキンとしてしか使っていない(ねじって挟むだけで圧力差でシーリング能力が高くなる設計になっていない)というトホホな仕様。所詮オマケかぁ。

何より、もはや東本の描く世界に共感を持てなくなっている自分に気が付きました。一応 36年バイクに乗ってきたけど、立ち位置がずいぶん違うよねぇ、と。例えるなら、入れ墨や国歌の斉唱云々で職員や教師を選別する(こと等で恐怖政治を敷く)橋本市長は大嫌いだけど、入れ墨入れてる人も嫌い、という立ち位置です。

でも、R100GS の特集だったらまた騙されて買っちゃうかもね(^^;。

|

« 超新星爆発かスーパーフレアか | トップページ | DSC-RX100 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。