« 川越団子屋行脚 | トップページ | 梅雨の合間の晴れ兎 »

2012年7月 8日 (日)

川越八幡宮、鴉山稲荷神社

今日は団子屋さん(とアルコール)だけじゃないですよ、神社もしっかり見て回りました。

P1050449

川越のデパート:まるひろ近くにある川越八幡宮です。以前来たことがある筈なのですが、それは多分40年以上前の話で、既に忘却の彼方です。

http://kawagoe-hachimangu.net/

P1050453

紫陽花が参道を飾ります。

P1050451

こっちが裏参道ですが、こっちの方が華やか?

P1050454

摂社?民部稲荷神社です。「まんが日本昔話」にも使われた、面白い伝説があります。

http://kawagoe-hachimangu.net/kitsune.shtml

P1050459

二の鳥居&手水舎&拝殿です。

P1050462

手水舎の龍。

P1050463

阿。誰かがビワを「お供え」したようです(^^;。

P1050464

吽。

P1050469

拝殿前には苔むした狛犬が一対。

■次は、醸ん楽座=松本醤油さんの裏手にある、鴉山稲荷神社です。ここはお初です。

P1050475

神明鳥居の後ろには七夕の飾りが!

P1050476

お狐様ですね。川越の街の中には大きいのから小さいのまで、お稲荷さんが沢山あります。

P1050478

太田道灌の父、太田道真(資清)の名が見えます。息子道灌は暗殺されましたが(当方滅亡)、父道真は道灌より後に埼玉は越生で亡くなっています。その内道真ゆかりの寺社仏閣でも訪ねてみましょう。

P1050479

阿。

P1050480

吽。台座の方が古そうです。

P1050481

拝殿です。

■まとめ
 今回の2社はどちらも面白い由緒・伝説があるのですが、本記事ではその殆どは割愛とします(だって語り出したら切がないし…(^^;)。

|

« 川越団子屋行脚 | トップページ | 梅雨の合間の晴れ兎 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。