« Heist 125 | トップページ | 似たネタ »

2012年8月30日 (木)

とよけんさんの記事

第5話が発表になりました。

 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/lensmount/20120830_556132.html

以下雑感

・イキナリ Leica IIIg ってのはちょっと驚きます。IIIf 位にしてほしいです。

・LEITZ-minolta CL と M-ROKKOR 40mm F2.0 が一緒に写っているのですが、実は M-ROKKOR 40/2 は CLE 用のレンズです、ってまぁ何て重箱の隅つつきな(^^;。

 ※マニアが細かいところを穿らなきゃ誰が穿るんじゃい!

・コンタックスマウント→ニコンSマウントに関してはさらっとしか書いてありません。

 ※そりゃー「ニコンがコンタックス(カールツァイス)をパクッた」 何て立場上書けません屋根の上のぬこカワユス。

・【6bitというと64種類の種別が表現できるわけで】

 ※オールONとオールOFFは省かざるを得ないので、実質62種類、1bit のパリティ入れて検出異常をチェックするなら31~32種類ぐらいじゃないかな?

 ※細かいトコ考える&説明するのはメンドクサイので割愛します(^^;。

・【コンタックスGマウント(これをレンジファインダーと呼ぶかどうかは異論があるだろうが)】

 ※大賛成!

・【現代の技術を導入すれば、けっこう面白いカメラができそうな気もする。】

 ※その通り!

|

« Heist 125 | トップページ | 似たネタ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。