« 川越高校の学校説明会に行ってきました | トップページ | 下仁田かつ丼 »

2012年8月 7日 (火)

近江商人の足跡を辿る①

川越の銘酒:鏡山の歴史を調べていたら、久星酒造に辿りつき、更に「東の灘」とも呼ばれた埼玉県の酒造業(主に日本酒)の発展のバックに近江商人の暗躍…じゃない、活躍があることが分かりました。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%95%86%E4%BA%BA

それにしてもそうそうたる顔ぶれです↓。

【大丸、西武グループ、西武百貨店、伊藤忠商事、丸紅、トーメン、ニチメン、ヤンマー、三中井百貨店、日清紡、東洋紡、東レ、日本生命、ワコール、西川産業、武田薬品、ツカモト、平和堂…】

ネットで検索していたら、こんな資料も見つけました。

■近江商人関連酒蔵の基礎資料
 ①http://muranishi.dyndns.org/ohmishonin.pdf
 ②http://www.hitoyasumi.com/u4.html

①を見ると、豊田自動車や凸版印刷まで入ってます。

以下はこの資料①を羅針盤にして、近江商人がルーツもしくは関わってきた酒蔵を目につくだけ拾ったリストです(ただし鏡山は除く)。こう見ると、埼玉県の全域が近江商人と関わりをもっていたことになります。というか、西武グループだけでもミッション(何の?)コンプリートですよね(^^;。

★巻頭おまけ:近江商人の関連する屋号には「星」が付くのが多いそうです。曰く、「近江商人はまだ星が出ている朝早くに仕事に出かけ、星が出る遅くに帰る」程たくさん働いたんだそうです。

■久星酒造(國冠)
 ・鏡山の歴史を調べていて知ったメーカー。
 ・①によると創業年は天保3年で創業者は彦根市出身の小林庄兵衛。
 ・付記事項に桝屋久星の名が。
 ・ネットに引っ掛かってきた情報では、近江商人である小林善七と、
  越後の農民であり越後杜氏と一緒に関東に働きに出ていた
  竹内栄吉が起こした醸造所(未確認)。
 ・竹内は後に独立して、鏡山酒造を設立(確実)。
 ・久星酒造は埼玉では結構有名だった国冠の醸造元で、
  狭山市に醸造所があった(確実)。
 ・後に沢の鶴に吸収された様子。
 ・阪神淡路大震災で灘の醸造所が倒壊。
 ・現在ではマンションが建ってるそうです。

■丸山酒造(金大星、織星)
 埼玉県深谷市横瀬1323番地

 http://www.maruyamasz.com/
 http://www.maruyamasz.com/風土-歴史/

 【北武蔵きっての大豪農、荻野七郎兵衛が江戸時代初期に
  酒蔵を開始したのが始まりです。その後、近江商人の
  日野屋与吉が蔵を借りて明治12年まで営業していました。】

 ・近江商人日野屋与吉の影響がどの程度だったか知りたい所。

 ※これ↓飲みたい!
 http://www.riken.go.jp/r-navi/homare/index.html

■近江屋(近江屋、琵琶のさざ波など)
 埼玉県入間郡越生町大字上野2906-1

 http://www.musashino-asahara.jp/

 【麻原善次郎は琵琶湖の畔に生まれ、九歳にて東京青梅の
  酒蔵へ奉公に入り、二十九歳の時、現在の地、毛呂山にて
  開業するに至りました。】

■横田酒造(日本橋、浮城)
 埼玉県行田市桜町2丁目29番3号

 http://www.lamoo.co.jp/yokotashuzo/index.htm
 http://www.lamoo.co.jp/yokotashuzo/sakedukuri.htm

 【文化2年(1805)近江商人・横田庄右衛門が、
  歴史と風土に育まれた行田の地で酒造りを創業致しました。】

■釜屋(力士)
 埼玉県加須市騎西1162

 http://www.rikishi.co.jp/indexnew.html
 http://www.hitoyasumi.com/u4.html

 【寛延元年(1748年 江戸中期 徳川吉宗引退の年)に中山道の
  宿場町であった現在の地に、近江商人であった小森久左衛門
  (初代釜屋新八)が、武蔵野の優秀な酒米と近くを流れる
  利根川の豊富な伏流水に目を付け、また中山道と日光街道と
  言う主要な街道で、大商圏江戸を近くにするという
  地の利を得て創業しました。】

■矢尾百貨店(秩父錦)
 埼玉県秩父市上町1丁目5番9号

 http://www.yao.co.jp/
 http://www.yao.co.jp/chichibunishiki/index.htm
 http://www.hitoyasumi.com/u4.html
 http://www.find-chichibu.jp/db/companies/view/25

 【矢尾百貨店は、寛延2年(1749年)、初代「矢尾喜兵衛」が
  秩父の地に酒造業を興し、現在に至るまで約260年、黒船に
  揺れた幕末から明治への動乱の時代、敗戦の焦土から新しい
  国造りへ立ち上がった混乱と苦しみの時代、矢尾はいつの世も、
  秩父の皆様と共に歩んで参りました。】

■寒梅酒造(寒梅)
 埼玉県久喜市久喜中央2-9-27

 http://www.kanbai.co.jp/

 【創業文政4年(1821年)】

 ・①によると、創業者日野町出身の鈴木平兵衛。
 ・HPにもあり。
 ・ただし近江出身との記述は画像として出てくる
  石碑を読まないと分からない。

■酒蔵文楽(旧北西酒造)(文楽)
 埼玉県上尾市上町2丁目5番5号

 http://www.bunraku.net/index.html

 ・①によると、創業者は北西亀吉。

■藤崎摠兵衛商店(白扇)
 埼玉県大里郡寄居町寄居925-2

 http://www.seisyu-hakusen.co.jp/

 ・①によると創業者は日野町出身の藤崎摠兵衛。
 ・関連会社に十一屋とあり、隣に川越十一屋吉田商店の名が。
 ・川越で吉田というと、狭山にも分家がある吉田謙受堂の名が
  思い浮かぶけど、もしかして吉田謙受堂も近江出身?

蔵元と越後などの杜氏との関係(農繁期は地元で米作りをし、農閑期には杜氏として酒造りに関わる)は、今まで読んできた酒関連の本や漫画(夏子の酒とか)で知っていましたが、蔵の立ち上げや運営に近江商人が関わっていたことは(というか近江商人の何たるかは)、今回初めて知りました。それも、埼玉に限っただけでもこれだけ多くの蔵に関わっていたとは… 埼玉以外の関東でも同様かそれ以上なので、本当にビックリでした。

|

« 川越高校の学校説明会に行ってきました | トップページ | 下仁田かつ丼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。