« インターフェイスの良し悪し | トップページ | 熱海ビール »

2012年8月15日 (水)

来宮神社(熱海市)

13日~15日の日程で熱海旅行に行ってきました。2008年同様三平荘さんにご厄介になりました。

http://www.sanpeiso.com/

残念なことに今年は本当に天候に恵まれず、(創作ネタとしてという意味で)唯一個人的に収穫があったのは以下にご紹介する来宮神社(きのみやじんじゃ)だけでした。

P1000637

熱海駅から来宮駅(きのみやえき)に向って歩いていくと、出てます出てます案内板。

P1000636

案内板に従って進むと、東海道本線下の隧道の先に来宮神社の一の鳥居を見つけました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%A5%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE

P1050794

で~ん。割と奥行きが短めの神社で、この位置から拝殿が見えます。

P1050796

由緒、祭神などはこちらに。大己貴命(オオナムチノミコト=大国主(オオクニヌシ))、日本武尊(ヤマトタケル)はポピュラーですが、五十武尊(五十猛神)(イソタケル)は今まで知らない神様でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E7%8C%9B%E7%A5%9E

前にも引用しましたが、以下の箇所が特に面白いです。

【天(『古事記』では高天原)を追放された素戔嗚尊とともに新羅曽尸茂梨に天降り[1]、スサノオがこの地吾居ること欲さず(「乃興言曰 此地吾不欲居」)と言ったので、一緒に埴土船で渡って出雲斐伊川上の鳥上峯に至ったとある[3]。五十猛神が天降る際に多くの樹木の種を持っていたが、新羅には植えずに全てを持ってきて、九州からはじめて大八洲国に植えたので、青山に被われる国となったという[1]。】

ソッチの立ち居地で書くとこんなストーリー、コッチならこんなストーリーと、なかなか悩ましいですね(^^;。

因みに、キノミヤ信仰というのにも関係がありまして、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%83%A4%E4%BF%A1%E4%BB%B0

この方向から眺めると、(先に述べたように)阿波国の忌部氏が安房国まで移住してくる途中で云々… というストーリーも想像(創造)できます。


より大きな地図で キノミヤ信仰 を表示

こんなに↑キノミヤがあったとは!

P1050798

境内社(摂社・末社?)の1つ、三峰神社。こんな所に三峰神社が勧請されていたとは!

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2012/05/post-3b87.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE

Wikipedia によると、

【伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修業をし】

とありますから、役小角(えんのおづぬ)/修験者がらみかも知れません。

P1050833

もう1社は稲荷様。他にも弁財天など計7社あるそうです。

P1050834

オキツネ様がしっかり睨んでらっしゃいます。

P1050800

来宮神社の阿。

P1050801

そして吽。子連れです。

P1050805

拝殿です。あ、拝殿前の狛犬を撮るのを忘れました。週末もう一回バイクで行くかな?(^^;

P1050807

出た!こがし饅頭。当然買います。

P1050809

「来」の字が良いですね。「来」の字源は「麦の穂が垂れる姿を象る」で、更に「麦の原字」ですから、麦(麦こがし)と無縁じゃないんですね。知ってました? 恥ずかしながら私は初耳でした。

http://ja.wiktionary.org/wiki/%E6%9D%A5

P1050810

かぶりつく前から麦焦がしの香りが鼻をくすぐり、口に入れた後は一層香ばしい香りが楽しめます。上等な黒糖饅頭に匹敵する楽しいお饅頭です。熱海の駅前や旧熱海市街でも色々なお菓子が楽しめますが、この来宮神社のこがし饅頭は別格&格別。また買いに来ようっと…

P1050813

はい、樹齢2000年の楠木です。何でも日本一長寿の(最古の)楠木だそうです。二股の片側が切られているのには訳があります。

P1050829

読めるかなぁ~ これまた創作意欲を煽ってくれる由緒です。特に楠木の神様ってトコが今考えているストーリーにピッタンコ。アノ神様の母神様の弟だった、なんて良いなあ(何の話やら)。

P1050814

それではぐるっと回ってみましょう。

P1050822

なんかもう、屋久杉みたい(ですか?現物を見た某氏?)。

P1050820

植物の生命力に圧倒されっぱなし。ウチの母校の楠木も後1900年ほど経てばこんなに立派になるのかな? 楽しみですね。間違いなく生きてないけど(^^;。

P1050823

この楠木の長寿の秘密の1つは、すぐ傍を流れる川にあるんじゃないかと思います。

P1050832_2

それと、周囲の植生。山からの養分と。元生物部としては、伊豆半島の霊力云々等とは腐っても言えません。んが、ネタとしては面白いぞ!

P1050819

何だかんだ考えている間に1周完了。これで少なくとも来年までは生きていられそうです。

いや~、ホント日本には楽しい神社が一杯あるんですね。長生きしなきゃ。

|

« インターフェイスの良し悪し | トップページ | 熱海ビール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。