« キノの旅 XVI | トップページ | 秋の家族の映画は »

2012年10月17日 (水)

本屋で手に取った桜庭一樹氏の新作「伏 贋作・里見八犬伝」を読みました。

http://bunshun.jp/pick-up/huse/

んが、冒頭から文に違和感があって、読み進むのに苦労させられました。原因を振り返ってみるに、情景描写や人物描写をしている筈のト書きの部分に、突然非常に主観的な描写や価値観が描かれていて、それが戸惑いの原因のようでした。段落ごとに主体を変えて、ト書きの部分でその主体の心理を描くならまだしも、主体を確定するまもなく突然妙に主観的な描写が出てきたりします。う~ん、これで本当に直木賞作家なの?

とか苦言を呈しているうちに、週末にはアニメ映画も公開されるようです。

http://fuse-anime.com/

どれどれと予告編を見てガッカリ。

http://fuse-anime.com/movie/

江戸の街が妙に浮いた軽い描写になってます。というか、史実は完全無視が方針のようで、まるで「クレヨンしんちゃん」のアニメ映画みたい(なお、クレヨンしんちゃんの映画はあれはあれで良いと思います)。特に酷いのが江戸城! これならまだ原作の方が江戸の雰囲気を良くつかんでます…って私も良く知っているわけではありませんが。主人公の持っている銃も多連砲みたいで、ありえね~感ありまくりです。それと、予告編のキャラ達の動きは、「どこかで見たような動き」が多く(ホラ、ジブリのアレとか)、総合的に余程良い作品にならない限り、この既視感は逆効果ではないかと思ってしまいました。所詮パチモンね、とか。

さて、この映画、見るべきや否や。

|

« キノの旅 XVI | トップページ | 秋の家族の映画は »

コメント

え? あれヘアドライヤーじゃなかったの?ヽ(゚ω゚)ノ >多連砲?

投稿: 松本信男 | 2012年10月17日 (水) 18時29分

>ヘアドライヤー

(^O^。

1つ気になっているのが、男の筈の滝沢冥土(滝沢馬琴の息子という設定)が、どうも眼鏡っ娘みたいなんです。

話の筋の上で気になるのが、小説の半分ぐらいを占める「贋作・里見八犬伝」の部分がどう描かれるか。小説は室町時代の「贋作」の部分と、鉄砲娘が活躍する江戸時代の部分に分かれるのですが、どう見ても(読んでも)贋作の部分の方が殻(元ネタ)と思います。多分アニメでは「贋作」の部分は深く掘り下げないんじゃないかと…

投稿: Pawpaw | 2012年10月18日 (木) 08時05分

ちなみにマッチロックの多連砲は江戸時代初期には発明されていました。
子連れ狼の乳母車の底に仕込まれた多連砲も撃ち始めたら途中で止められないとか、結構当時の技術レベルを反映してたんですが(^_^;)

009よりのぼうの城かな~
イギリスから通販で買った品物の宛名がNobou Matsumotoになっていて日本で迷子になった…のは別の話か(^_^;)

投稿: 松本信男 | 2012年10月18日 (木) 19時56分

> ちなみにマッチロックの多連砲は江戸時代初期には発明されていました。

如何にも、種子島に伝来してから数十年で国産化してしまう日本人らしい話ですね!

> のぼうの城

あれ?未だ公開してなかったんだ!(^^;

http://nobou-movie.jp/

予告編で0:56辺りに出てくる石田三成?が登っている山はおそらく丸墓山古墳で、こんなこともあろうかとこの夏に息子2人と一緒に登頂済みです。ってことで、この映画は必見ですね。

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2012/07/post-390b.html

更にこの丸墓山古墳は、本殿・拝殿が真北を向いているという全国でも珍しい神社である府中の大國魂神社の本殿の真北にあり(それこそ数m単位で正確に)、更にさきたま古墳群の主だった古墳を鳥瞰すると、そこには北斗七星と北辰(北極星)の姿が現れるという、ダン・ブラウンも真っ青なとんでもない事実があり、そこに一体どんな秘密が隠されているのかは西風隆介氏の新刊で暴露される筈ですが、そもそもこのシリーズ全然売れてないので果たして本当に出るやら…

http://www.amazon.co.jp/dp/4198508585/

かなりヤバイネタを扱っているとか、読み込むのに相当の知識と経験(神社仏閣巡りの)が要るとか、一般読者や体制に背を向けたような作風が魅力でもあり欠点でもあります。

気軽に「是非一読を」と言えない小説の筆頭です(^^;。

投稿: Pawpaw | 2012年10月19日 (金) 08時14分

>あれ?未だ公開してなかったんだ!(^^;

そうですか、震災後の日本人の心の揺れを心配して公開延期になっていたんですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E5%9F%8E

原作読むの途中で投げ出しちゃったんで、もう一回チャレンジかな?

投稿: Pawpaw | 2012年10月19日 (金) 08時18分

疑問になって調べたら火縄銃って4~6kgもあるじゃん(^_^;)
6連の多連砲だと30kg弱になるん?

投稿: 松本信男 | 2012年10月21日 (日) 21時37分

>4~6kg

何処かに置いてある三八式歩兵銃が(でさえ)3.7kg ですから、とてもお子様が持って使えるような重さじゃないですね。ほとんど「学園キノ」の世界!

アニメ版「伏」の世界は、「人が犬と交わる」ということのあり得ない度に合わせて、虚構性を拡大しすぎちゃったんじゃないかと思います。一方原作の方はそこまで広げていないように思うんです。だから江戸&江戸時代の悲喜が作品のバックボーンとして生きてくる。何でもアリなアニメ版は…

まぁ、見てから語ることにしましょう、DVDが出たら(^^;。

投稿: Pawpaw | 2012年10月22日 (月) 08時13分

やはり多連砲は乳母車の底に仕込むのが正しいようで(^_^;)

投稿: 松本信男 | 2012年10月22日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キノの旅 XVI | トップページ | 秋の家族の映画は »