« 最近のカメラ趣味 | トップページ | V50S 自賠責復活! »

2012年10月 8日 (月)

金笛(笛木醤油)

ぶらっと川越に行って、醤油屋さんが経営するお店で饂飩を食べてきました。

P1000785

笛木醤油:http://www.kawagoe.com/kinbue/
春夏秋冬:http://www.kawagoe.com/kinbue/unton.html

蔵造り通りに建つ醤油等の商品を扱うお店の屋号は金笛(きんぶえ)で、その奥にしつらえた食事所が「春夏秋冬」なんですが、入り口に立つ不気味な石像の名から、Pawpaw家では「うんとんちゃん」と呼んでます。

P1050875

これがうんとんちゃん。

うんとんちゃんのご親戚は、路地を奥まで行った所にあるプチ稲荷神社にも置いてあります。

P1000786

おかわりちゃん?

ということは置いておいて、(写真を撮り忘れましたが)うんとんちゃんの饂飩の汁が美味いんです! 饂飩で美味な汁ちゅうと、鰹や昆布、果ては飛魚や鰯などを使って凝りまくった汁が思い浮かびますが、ここは醤油の旨さ(甘さ)で直球勝負です。しかもそれが決まってる。麺自体は普通の武蔵野饂飩なのですが、これはうま~! もう少し研究してみる(また来る)事にします。

天気が良いのでぬこを沢山見かけました。

P1000781

蓮馨寺の何時ものぬこ。

P1000787

個人所有の古い建物と庭を一般に公開している「陽気遊山」のぬこ達の内の2匹。

P1000788

更に2匹。

P1000789

この仔が一番綺麗そうだったけど、ちょっと目脂がアレ。他に居るはずの「銀ちゃん」と呼んでる灰色猫は今日は見当たらず。

P1000790

親父と息子は、何時もの舛屋さんで何時ものコエド生と HI-C で〆ました。

★ところで、笛木って結構珍しい苗字だと思うんですが、大学時代の知り合いに笛木大二郎という「好き者」が居て、住まいも指扇辺りだったので、もしかして笛木醤油の親戚だったりして? 氏は卒業する時に「俺は釣り師になるんだ!」と言ってましたが(ルアー釣りが好きなんです)、現時点でググルとそれらしき人物の動向がうかがい知れまして、どうやら釣りのインストラクターをやっているようです。う~ん、素晴らしい!

|

« 最近のカメラ趣味 | トップページ | V50S 自賠責復活! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。