« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

尿酸は天才物質?

佐藤健太郎氏の新刊本が出ました。

C

 http://www.amazon.co.jp/dp/4106037327/

氏のブログ↓にあった目次の一部を眺めていたら、

 http://blog.livedoor.jp/route408/

> 第7章 「天才物質」は存在するか - 尿酸

という一行に目が留まりました。どういうことかというと、こういうことらしいです。

 http://blog.livedoor.jp/route408/archives/50477968.html

【妄想:う~む、アレクサンドロス3世、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、ゲーテ、ニュートン、ダーウィン、ダンテ、クロムウェル、スタンダール、モーパッサン並みの天才なのかもしれない>私】

…ということはなさそう (つまり表題の説は疑似科学らしい) なので、ちょっとガッカリですが、面白そうなのでポチッっとな。

というところで良く考えたら、前作「ゼロリスク社会の…」、完読してないじゃないか!

 http://www.amazon.co.jp/dp/4334037062/

| | コメント (2)

2013年7月28日 (日)

今日の有頂天家族 2013-07-28

引退して大阪で趣味の中古カメラ屋を営んでいる「天狗の」岩屋山金光坊氏が、送り火見物の席に持ってきたカメラは、何と Nikon F5 50th Anniversary Model でした!

F5anniversary

http://imaging.nikon.com/history/chronicle/history-f5/

懐かしいなあ。SNIKON や FPHOTO で、買うぞ!買ったぞ!!使ったぞ!!!って流行ったっけ(私は買いませんよ、買ったのは α9 Titan (^^;)。

原作にはソレと分かる描写は無かった小道具でしたが、アニメ化(映像化)に伴ってそれなりにというか、かなり凝っているようです。この後、矢三郎が弁天と淀川先生のツーショットを中古カメラで撮るシーンがある筈ですので、何が出てくるか・何を持たせるか、とっても楽しみです。

個人的には、一見浮薄なよう(でその実…)な矢三郎には LEITZ-minolta CL & M-ROKKOR 40/2 か MINOLTA CLE を勧めたいところです。店主が F5 Anniversary なら、店員の矢三郎は FM3A 辺りかな?

| | コメント (0)

7年目のコンニチハ

庭に穿たれた、妙に形の整った穴。

P1000439

勿論ウサギ↓の穴である筈もなく…

P1000444

庭師の正体を示す証拠はここにありました↓

P1000441

どうりでジ~ワジ~ワ五月蝿いわけだ(^^;。

| | コメント (0)

通常のカプヌより3倍美味い?

奥さんがヤマダ電気でこんなものを買ってきました。

P1000430

http://www.cupnoodle.jp/gundam-curry/

是非○○も出してくれ!と叫ぶオヤジが沢山居そうですね(^^;。

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

おりぴぃ公認正式発表

「おりぴぃ」というゆるキャラが狭山市公認になったことを紹介した記事↓で、

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2013/07/post-2b46.html

【それより、こういう「重要な決定」は週末にしないで欲しいです。狭山市のHP↓への掲載が間に合わないじゃないですか! (2013-07-05(土)現在ニュースの内容に合致する記事はありませんでした。)】

等と書いたけど、7/11 付けで正式発表があったようです。

Photo


http://www.city.sayama.saitama.jp/shisei/topics/oripi.html

驚愕すべきは、その記事にある以下の内容。

【「ぼく」って言っているけど、性別はないんだ。だって妖精だからね。】

「それは違う!」とか、「では男の娘?」とか言いたくなっちゃいますが、ま、ここはもちつけと。

あ~来週は入間川の七夕かぁ。スルメの煮物を買いに出る予定ですが、ビールを飲まずに過ごせるだろうか?

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

ヤンマー プレミアムブランド

あのヤンマーが、ピニンファリーナ社でフェラーリ等のデザインを手掛けてきた奥山清行氏を社外取締役に迎え、プレミアムブランドを展開中とか。

http://yanmar-pbp.jp/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%B8%85%E8%A1%8C

某紙や某紙では「フェラーリ風(?)トラクター」とか、デザインという仕事を知らない馬鹿な記事を書いていますが、主力紙がこんな程度では民度の高さを誇る日本人の誇りが傷つくという物です(勿論、これで傷つかない・気が付かないのなら、民度はその程度という皮肉)。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130725-OYT1T01552.htm

http://www.asahi.com/business/update/0725/OSK201307250040.html

それにしても、トラクターはともかく、ボートはちょっと欲しいなあ。

| | コメント (2)

2013年7月25日 (木)

Panasonic LUMIX DMC-G6

夏ボーがアレ (T-T) なんで、しばらくは新型カメラは無理なんですが、表題カメラが良さそうなんです。

 http://panasonic.jp/dc/g6/index.html

ところで、以下の記事で、

 http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1307/24/news142.html

【クリエイティブコントロールモードでは、各種デジタルエフェクト(19種類)を楽しめる。新しく追加されたのは陽射しを追加する「サンシャイン」。タッチパネルを使って好きな場所に光源を置ける。】

なんていう機能が紹介されていますが、ここは一つ「たまゆら」フィルタも付けましょうよう>Pana の中の人。

http://tamayura.info/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E9%9F%BF%E7%8F%BE%E8%B1%A1

※いつの間にか Wikipedia で単独記事なっていてタマゲタっす。

※なお、アニメの新シリーズは前作にも増してユルイ雰囲気で、夜半に観てると知らずに寝ていたりするので注意が必要です(^^;。

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

風立ちぬ

観ました。いや~、これ、それなりに知識がないと辛いですね。次男を連れて行ったけど、案の定、翼じゃね~良くわかんなかったようです。

ま、ともかく、これで宮崎駿アニメ映画はオシマイでしょう。肩の荷(難癖つけつつもというか難癖を付けるために観なければならない屈折したファンが背負った重荷)が下りました。はっはっは!

以下ネタバレあり。

続きを読む "風立ちぬ"

| | コメント (12)

2013年7月20日 (土)

自衛隊仕様?

かと思うようなカラーですね↓

Nc700

http://www.honda.co.jp/news/2013/2130719-nc700x.html

子供の頃大好きだったのがこの手の色の戦車(ガルパンは好きになれませんが(^^;)。そして、かつて下駄代わりに乗っていたヤマハ・フォーゲルがこんな色でした。つまり、結構好きな色だな~とσ(^^;。

| | コメント (6)

2013年7月18日 (木)

弥生式土器発掘ゆかりの地

行って来ました文京区弥生町。

P1000419

う~ん、地味。

P1000420

縁起?などは裏面に。

続きを読む "弥生式土器発掘ゆかりの地"

| | コメント (2)

2013年7月16日 (火)

私営業じゃないんですが…

連休が明けてみれば、今週は怒涛の連続出張。16日:東洋大学板倉校舎、17日:杉戸町某企業の後、東京大学弥生校舎、18日:日野の某臨床検査センター(お~い、福ちゃん、まだ居るの?)、19日:あ、ここは空いてたか。で、来週は関東某所の基板屋さん。

というように、ホ~ント最近コーディングしてません。プログラマとしては終わった(この先は技術営業)か?(^^;

あっ、そうだ、明日は弥生式土器の記念碑(ゆかりの地の碑)を見に行こうっと!

http://inoues.net/ruins/yayoi_machi.html

http://goo.gl/maps/7yq34

何しろ打ち合わせ場所がこの石碑の裏の建物(武田先端知ビル)ですから! んん、てことは、待ち合わせ場所は弥生美術館のカフェで決定だな!

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2007/08/post_65cc.html

※この時↑は暑くて死にそうになりましたっけ(^^;。

全然関係ないけど、今日の夕食はサッポロ一番塩らーめん「じんたん仕様」。

P1000416

程よい塩味は営業活動で失った塩分の補給にピッタシ!

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

またあの"熱い"夏が秩父に

いつか見たあの"熱い"夏がまた来たのですね。

P1000414

http://www.noitamina-shop.com/event/id/1

http://navi.city.chichibu.lg.jp/event/small.html?1299565521

今年は劇場版なんてのもあるんです。

http://www.anohana.jp/

あ~、熱い、いや暑い。

| | コメント (5)

2013年7月10日 (水)

いやこれは…

似合ってる!

http://www.nikkei.com/photo/news/article/?ng=DGXZZO57179610Q3A710C1000000

仏閣だったら白檀色、神社だったら素木色が良いな。

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

新番組

(ちょっと過ぎちゃったけど)今は番組改編期。色々なアニメが最終回を迎え、様々な新作アニメの放映が始まりました。その殆どは「泡沫」として唾棄すべき内容ですが(とか言って後から観てたりする(^^;)、中に「おや、これは」というアニメがありました。

 http://www.uchoten-anime.com/

イキナリ京都・下賀茂神社が出てきます。神社好きは必見! 早速原作も買わねば。

 http://www.amazon.co.jp/dp/4344415264/

終わっちゃったアニメでは「翠星のガルガンティア」が、ネタを十分消化しきれなくて残念と思いました。

 http://gargantia.jp/

それと、余り真面目に見てなかったけど、最終回付近で面白くなってきた「刀語」は、もう一度観なおそうと思います。

 http://www.katanagatari.com/

| | コメント (3)

2013年7月 6日 (土)

「おりぴぃ」が狭山市の公式キャラに

(タイトル) なったそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saitama/news/20130705-OYT8T01224.htm

Char

彼女?(後述)の出自はこちら↓に。

http://sayama-portal.jp/way2go/

先ずはおめでとう! ま、実質不戦勝? 今度の参院選における現時点での自民党の勝敗予想みたいですね(^^;。

それより、こういう「重要な決定」は週末にしないで欲しいです。狭山市のHP↓への掲載が間に合わないじゃないですか! (2013-07-05(土)現在ニュースの内容に合致する記事はありませんでした。)

http://www.city.sayama.saitama.jp/index.html

…念のためサイト内検索をかけたら、下の記事が見つかりました。

http://www.city.sayama.saitama.jp/gikai/teireikai/situmon25_1/2503-sasamoto.html

遅くとも今年4月には市議会に上がっていたんですね。なるほど。

続きを読む "「おりぴぃ」が狭山市の公式キャラに"

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

マイナー本2冊

宇宙船間ヤマト2199が面白いぞ!、というのは既に旧聞かもしれませんが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%882199

ヤマトがらみで久しぶりに豊田有恒の小説を読みたくなりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E6%9C%89%E6%81%92

こう見ると、未読が多い作家です。どうせなら古代朝鮮物に挑戦です。

■倭王の末裔

P1000359

因みに1971年発行の初版本です。

P1000361

この作品は「騎馬民族征服王朝説」を基に書かれていて、基本的な設定は、これに先立つ手塚治虫の漫画:「火の鳥・黎明編」に似ています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E9%A6%AC%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%BE%81%E6%9C%8D%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E8%AA%AC

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E3%81%AE%E9%B3%A5_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

そのせいで、手塚にしろ豊田にしろ、ある方面からは嫌われているんだろうなぁ、と思いますが、真実や如何に?(^^;

今回の豊田の作品の面白い点は、当時の中国を絡めて描いていること。更に、漫画と小説では扱う情報量が桁違いで(勿論情報を少なくしようと思えば出来ますが(^^;)、これは読む側にも力量が必要な小説でした。私にとっては、もう少し中国の歴史を学ばないといけない、と反省させられた作品となりました。

でもまぁ、現在では「騎馬民族王朝征服説」は、もはやハヤリじゃないですからねぇ。

さてもう1冊はチョーマイナー。

■キャプテン孫七航海記

P1000363

知る人ぞ知る、ということで、説明は割愛させて頂きます(^^;。

| | コメント (6)

2013年7月 3日 (水)

武蔵絹・小川裏絹

備忘録です。

以下小川町のHPから。

 http://www.town.ogawa.saitama.jp/kankou/kinu.html

【小川裏絹は、奈良時代初期(714年)、高句麗人により絹を織る技術が伝えられたのがはじまりと言われています。小川裏絹は、古くは武蔵絹として栄え、今も3枚の武蔵絹が奈良・正倉院宝物殿に保存されています。】

高麗郡設立が716年だから、714年というと、それ以前の話ですね。もっとも高句麗移民(遺民)の「先遣隊」は716年以前に武蔵国に入植していたでしょうから、「714年に」という説は「あり」と思います。また、「何処か別の場所で伝えられた技術が小川の地で芽吹いた」という見方も「あり」と思いますが、前者の方が自然に見えます。

でも、掘り下げると狛江市の「狛江古墳群」みたいな話になったりして…(^^;

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%9B%E6%B1%9F%E5%B8%82

でもでも、やっぱ武蔵国は渡来人が…(以下略(^^;)

続きを読む "武蔵絹・小川裏絹"

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

諸般の事情により

夏休みのUSJ旅行への参加は取りやめとなりました。がっかりしたとも言えるし、夏の高速を延々運転しなくて済んでほっとしたとも言えます(^^;。そもそも、濃ゆい神社仏閣巡り(裏歴史探訪)に付き合ってくれる家族は居ないので、双方それで良かったのかも?

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »