« LUMIX DMC-GX7 | トップページ | GX7 を酸っぱい葡萄にしちゃおう! »

2013年8月 8日 (木)

モーターサイクル後進国・ニッポン

こういう記事を目にすると、

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130808-OYT1T00078.htm

 http://geitsuboo.blog.fc2.com/blog-entry-5154.html

芸能人って大変だよね、って思います。

もう1つ気になるのは読売の記事中の表現。

 「矢作さんは大型バイク「ハーレー・ダビッドソン」で左側車線を走行中にハンドル操作を誤り、トンネル右側の壁に接触して転倒した。」

 【ハンドル操作を誤り】!

何十年繰り返したか分からないのですが、"ハンドル操作" だけではバイクの操縦はできませんし、事故の原因は「ハンドル操作の誤り」以外にも多々あり得ます。この場合あえて書くなら「操縦を誤り」もしくは「運転を誤り」が正しいと思うんです。

ここで落ち着いて考えてみましょう。

「ハンドル操作」とは、ハンドル=車でいう所のステアリングホイール=バイクではハンドルとその周辺の補機類(通常スロットル、フロントブレーキレバー、クラッチレバーetc)と解釈すると、やはりこれだけでバイクの操縦は出来ない="ハンドル"の操作ミスが事故の原因の全てとは限らない、と言えます。勿論今回の場合ハッキリと「ハンドル操作を誤った」と分かっていれば良いのですが、記事からはその事はうかがえません。

一方「ハンドル」を動詞ととらえると、「バイクを操縦する」「運転する」という意味に(多分)なり、これなら範囲が広がって間違いとは思えなくなりますが、問題はその後に「操作を誤り」という語が付くこと。この意味で「ハンドル操作を誤り」を意訳すると、「バイクを操縦する操作を誤り」、「運転操作を誤り」となり、意味が重なってしまいます。こういう使い方の場合(英語の動詞を日本語と組み合わせて使う場合)、動詞は名詞化して、例えば「ハンドリングを誤り」とすべきです。ということで、やっぱり変だよ→バイクにおける【ハンドル操作を誤り】、そして読売新聞(相変わらずの読売嫌いσ(^O^)。

※以下 Google翻訳から。

■handle-名詞
ハンドル handle, steering wheel
柄       pattern, handle, design, shank, hilt, grip
把手     handle, grip
握り     grip, handle
つまみ   tab, handle
引手     handle, patron, knob, catch
切掛け   case, chance, hap, pretext, handle, pretension
弦       string, bowstring, handle
引き手   handle, patron, knob, catch
把っ手   handle, grip
膚触り   feel, rub, stroke, pat, pet, handle

■handle-動詞
扱う       handle, treat, deal with
取り扱う   handle, treat, deal in
使う       use, spend, want, need, take, handle
手掛ける   handle, work with, manage, rear, look after, have experience with
使いこなす master, handle, acquire a command
捌く       handle, sell, dispose, manipulate
あしらう   treat, handle, deal with, arrange
商う       trade, sell, handle
仕向ける   induce, treat, act toward, handle, send, forward to
しじる     handle
仕向る     induce, treat, act toward, handle, send, forward to

|

« LUMIX DMC-GX7 | トップページ | GX7 を酸っぱい葡萄にしちゃおう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LUMIX DMC-GX7 | トップページ | GX7 を酸っぱい葡萄にしちゃおう! »