« Eの遅延 | トップページ | 所沢航空発祥記念館の零戦 »

2013年8月28日 (水)

フカペディア・井椋神社

深谷市岡の白鬚神社のことを検索していて見つけたのですが、こんなサイトがあったんですね。

http://fukapedia.com/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

残念ながら深谷市岡の白鬚神社の記事はありませんでしたが、同じく猿田彦を祭神とする「井椋神社(いむれじんじゃ)」の記事を見つけました。

http://fukapedia.com/wiki/%E4%BA%95%E6%A4%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE


大きな地図で見る

これがまた興味深い神社で、かの畠山重忠の祖父、秩父権守重綱が秩父市吉田から畠山の地に移り住んだ時に、吉田の椋神社(むくじんじゃ)を勧請したのだそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%A0%E5%B1%B1%E9%87%8D%E5%BF%A0

ってことは、元は吉田に住んでいた一族なんだ。へぇ~

で、その椋神社ですが(今や「あの花」で有名ですが(^^;)、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE

http://www.anohana.jp/

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/09/post-ef96.html

祭神の筆頭が猿田彦なんですね。こちらの猿田彦の御姿には、旧高麗郡の猿田彦・白鬚神社のように高麗若光の影が重なって見えたりはしませんが、かつて吉田の地には勅旨牧(御牧)があり、御牧の主体が誰であったかによっては、またまた渡来人の姿が現れたりします(またかい(^^;)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E7%89%A7

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2011/08/post-daed.html

秩父牧が勅旨牧になったのは10世紀ですが、かつては東海道より東山道の方がメインストリートであったことから考えると、武蔵国の他の4牧より、秩父や児玉の辺りの方が近いので、勅旨牧以前に牧(牧場)が栄えていた可能性があります。

いや~、涼しくなったらまた現代の馬で深谷~秩父を走ろうっと。

|

« Eの遅延 | トップページ | 所沢航空発祥記念館の零戦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。