« 紅葉の川越 | トップページ | PEN EES 圧板修正 »

2013年11月25日 (月)

PEN EES リベンジ

PEN EES からゴーストは消えたようです。これでフチコマ並みになったね!(タチコマにはありそう…)

Dh000056

喜多院本堂。

Dh000053

どろぼうばし。

Dh000060

時の鐘。

Dh000058

浮島稲荷神社。

Dh000063

うなっこ前のアノお方。

Dh000065

コーヒー屋さん。

Dh000021

XL883R。

Dh000030

ガレージ入口から見た紅葉。

Dh000031

入口から出た所で見える風景。

Dh000004

庭ウサギ。

Dh000008

ひなちゃん。

Dh000009

いやいやするひなちゃん。こいわいとーちゃんが最初に撮ったよつばとの写真みたい!

というわけで、とりあえず使えるようになりましたが、所々妙なピンボケが出ているので、フィルム面の平滑性に疑問が残ります。圧板チェックですね。ピンが来た時の描写は流石 OLYMPUS。リアラで撮りたいなあ。

以下インデックス。古い写真の人ならコンタクトプリントの方がしっくりしますね。

Contact1

まだあります。

Contact2

フォトビューワーから XPS ファイルにして、ペイントで切り取ったんですが、フォトビューワーのキャリブレーションがちょっと青寄りみたいです。これは Win8 → Win8.1 への移行で発生した不具合。う~ん、一概に高機能が良いとは言えませんね。というか、私みたいのにはシンプルイズベストです。

|

« 紅葉の川越 | トップページ | PEN EES 圧板修正 »

コメント

目に見えてよくなりましたね。しかしまた改善の余地ありですか。コンピュータスクリーンではよくわかりませんが。
500円くらいのカメラとは思えませんね。

投稿: 柳澤 | 2013年11月26日 (火) 20時14分

柳澤さんへ

例えば XL883R の写真などは、フロントタイヤにピントが来ていて、その後ろがボケているのは、まぁそんなものかな、と思いがちですが、私の目には「30mm F2.8にしてはボケすぎ!」と思えます。ですので、フィルム面がカメラの上下方向でズレている(画面上側が浮いているか、逆に下側が浮いている)と思えるのです。

今日その原因と思われるところを見つけて直したので、また週末使ってみようと思います。

投稿: Pawpaw | 2013年11月27日 (水) 08時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 紅葉の川越 | トップページ | PEN EES 圧板修正 »