« PENTAX SP Black Agfa AGFAMATIC 2000 Sensor | トップページ | QWERTY / GRD III の使いこなしについて »

2014年11月15日 (土)

川越タルト再び

次男と川越を散策してきました。

Fh000034

偶には85銀行から。minolta XD + ROKKOR-TD 45mm F2.8

Fh000009

なかなか良い性能。

Fh000007

第3群のクリーニングのおかげか、逆光特性もまずまず。

Fh000011

これなんか見るとテッサータイプらしい性能が出て(そうな感じがし)ます。

Fh000013

いつものコーヒー屋さん。

Fh000014

うなっこ脇の簪屋さん。

Fh000015

うなっこ角のカメレオン。

Fh000018

チンパン君と次男。なんか最近ドスのきいた顔に…(^^;

Fh000021

菓子屋横丁の煎餅屋前の和傘。和傘っていうけど元は唐傘だよね。

Fh000023

VW。

Fh000025

古道具屋。まだここでは何かを買ったことありません=買いたいようなものが全くありません(^^;。

Fh000028

コーヒー屋で一服しながらヌコ屋敷の庭木を借景します。そうそう、銀ちゃんと呼んでいた猫の本名が判明。「銀玉」だそうです。子供のころの写真を見せてもらったのですが、カワユス!

Fh000030

時の鐘通り入口。

Fh000035

例の凄い影盛(かげもり)の蔵造。

Fh000037

大正ロマン通りのはんこ屋さん。外人客が物珍しそうに見ていました。

Fh000038

熊野神社拝殿。

■ROKKOR-TD 45mm F2.8 まとめ
 AEは勿論TTLにも連動しない点が惜しいのですが、光学性能は優れています。XD みたいな小型のボディに良く似合うので、また川越に連れて来ようかな? そういえば SR-1s は1度も使ったことないので、次はこの子とかな。

■以下は EXA 1b + SMCT 28/3.5

Fh010025

蓮馨寺の太麺焼きそば。

Fh010026

カフェ。

Fh010028

蔵造通り。

Fh010031

好きなアングル。

Fh010033

いつものアングルの2。

Fh010035

混んでていつもよりセンターが出ていない時の鐘の見上げるバージョン。

■EXA 1b + SMCT 28mm F3.5 まとめ
 35mmSLR初期のデザインを引き継ぐ特徴的な形状であるとか、シャッターボタンが左前部にある/クイックリターンミラーじゃない/ミラーがシャッターを兼ねてる/使いづらい所・変な所がある等、ジャパニーズスタンダードなSLRから逸脱した個性を持つ割に、カメラとしての基本性能はしっかりしていました。SMCT 28/3.5 も立派な性能です。といいつつ、個人的には OM-ZUIKO 28/3.5 のカリカリシャープな絵が好きですけど(^^;。

■以下は GR DIGITAL III 分。

R1142593

太麺焼きそばで甘酒はじめました。味は… 自作した方が遥かに美味しい、そんな味です(^^;。

R1142598

いつもの団子。おこげの苦味も旨味の内。

R1142600

見上げる時の鐘。やっぱいつもよりアシンメトリック。

R1142603

まぁねぇ、最新のレンズ&デジタルカメラと比べちゃ可愛そうですよね>TD45/2.8。でもシャドーの描写なんか見ると、結構いいんじゃないでしょうか>TD45/2.8。この頃のコンデジだとシャドーは潰すか、ハイライトを飛ばすか、どちらかしかないもんね。

R1142604

チンパン君アップ。

R1142609

熊野神社を後に。遠景だとちょっともやっと系なのが心配。レンズ?、設定?

R1142612

大好きな影のスナップ。

R1142617

川越堂。今日は繁盛してました。家ではタルトを10個お土産に。

R1142618

川越の裏路地って好きだなあ。でも空のブツブツが嫌だなぁ。あ、感度を ISO 400 相当固定で撮っちゃった。でも 400 程度でこれ? やっぱ III といえどデジカメとしては古い(その後の技術進歩が凄い)んですね。

■GRD III まとめ
 初代の暴れん坊の性格はなくなりましたが、シャープ感が少々減ったような気がします。良く写っている写真もあるので、設定等で改善できるか試す予定。改善しないとなるとレンズとかAFとかがアレとか…う~考えたくない(^^;。

|

« PENTAX SP Black Agfa AGFAMATIC 2000 Sensor | トップページ | QWERTY / GRD III の使いこなしについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PENTAX SP Black Agfa AGFAMATIC 2000 Sensor | トップページ | QWERTY / GRD III の使いこなしについて »