« 3本目の北欧ナイフ:Helle Gaupe | トップページ | 宮代町のインド料理店:SPICE »

2018年3月17日 (土)

HELLE GAUPE COMES

オオヤマネコキター!

P1030065

ノルウェーの工業製品って初めてかな?

ここからは Amazon box に戻って。

Img_1847

知らない人が見たらシングルモルトスコッチでも買ったのかと思っちゃいますね。

Img_1849

ほら違和感ない。

P1030062

良く見ればノルウェーって書いてあります。

P1030063

中身です。流石1万円越え(amazon.comで$130位)のナイフ。手入れ用の布?も付いてます。

P1030067

(フル)スカンジグラインドのようですが、良く見るとマイクロベベルが付いてそうです。早速A4のコピー用紙を切ってみましたが、手持ちのナイフでは箱出しで一番切れ味が良いです。ただし、ベベル面の仕上げは(HELLE の中では安い部類であるためか)、まぁそれなり。ただ、この辺はどうせメンテナンスの際に研いじゃうので問題なし。

一番うっとりするのは柄の握り具合。日頃握っているあるモノに良く似た形状がこの握り具合を生み出しているのでしょう。こりゃ~嫌いになれるわけがありません(バカネ!(^^*)。

小冊子にはお勧めの砥ぎ方も載ってます。ベベルの角度よりちょい深くして、一方向(刃先を先頭に滑らす方向に)砥げとあります。私自身が砥ぎ方の勉強中なのもありますし、安い北欧ナイフで研鑽してからトライすることにします。

P1030068

左手前から今回の HELLE GAUPE、MORA COMPANION、IIVARIN PUUKKO TEHDAS。

さ~次はナニ? 何処からか、パーソナルブランドのナイフとかどうよ、なんて声も届いているのですが、先ずは世界の有名ブランド(の安いの)を1つずつ試してみようと思います。

つーわけで、スパイダルコとかゼロトレランスとかが…バカネ2!

★蛇足:サムスタッド付きのフォールディングナイフをパチンと開く練習中!

BUCK BANTAM BLW は硬くて親指の爪が痛くなっちゃいました(^^;。KA-BAR DOZIER は刃が軽くてなかなか出ません。安い Nikatto が一番楽。でもこれ持ってると恥ずかしいなあ(^^;。

|

« 3本目の北欧ナイフ:Helle Gaupe | トップページ | 宮代町のインド料理店:SPICE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3本目の北欧ナイフ:Helle Gaupe | トップページ | 宮代町のインド料理店:SPICE »