« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

Spyderco Delica 4 Flat Ground comes

来ました! スパイダルコ。

https://www.spyderco.com/catalog/details/C11F/Delica-reg-4-Lightweight-Flat-Ground/456

Img_1971

ウサギ小屋の上にポン。

Img_1972

桜の幹にポン。

Img_1973

ブレードを出して。

Img_1974

黒バックで。

続きを読む "Spyderco Delica 4 Flat Ground comes"

| | コメント (0)

2018年3月30日 (金)

Spyderco Delica 4 Flat Ground

密かに敬愛する米国の銃器オタクジジイ:hickok45 さんが、愛用ナイフについて語ってるようです。

う~ん、良さそうだな、Spyderco(のロングセラーらしい Delica 4)。どうせなら軽そうな Flat Ground (Grindの過去分詞形なので、日本語にするならフラットグラインド)かな?

https://www.spyderco.com/

https://www.spyderco.com/catalog/details/C11F/Delica-reg-4-Lightweight-Flat-Ground/456

ところが Amazon で探すと結構なお値段。安そうなのはココかな?

http://knifeshop.jp/SHOP/SP-C11FPBL.html

ポチっとな(^^;。

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

ESEE

ONTARIO RAT 1 (Model 1) と ESEE AVISPA の関係が良く分からなかったのですが、ナイフファンには有名らしいユーチューバー?:JPSikaHunter さんの動画に解説がありました。

https://www.youtube.com/watch?v=QNMpfpP_ImQ

ESEE は RAT: Randall's Adventure & Training のブランドで、AVISPA は BRK(Blue Ridge Knives) を通して(?)台湾で造られているようです。

https://www.blueridgeknives.com/

もしかすると、ONTARIO RAT 1 も同じ工場で造られているのかも?

■AVISPA 追記

面白くて何度もブレードを出し入れしていたのですが(厨房かい!?)、フレームロックを外すのが固くて親指が死にました(^^;。やっぱ ONTARIO RAT 1 の方が好きです。でもでも、日頃ポケットに忍ばせておくなら、BUCK BANTAM BLW だな~ モーラコンパニオンもそうですが、最近の一連のナイフデススパイラルでは、最初コレだ!って思ったのが一番しっくりしてました。

というわけで、次は ESEE ZANCUDO か MORA GARBERG だな(^^;。

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

memento mori : ESEE AVISPA

はい!、またナイフです(そろそろ飽きてきた(^^;)。

Img_1948

https://eseeknives.com/

https://eseeknives.com/knives/other-designs/

ハーレー乗りが安易に身に着けるガイコツって好きじゃないのですが、ここは memento mori の意味で肯定的に?とらえることにしました。

Img_1950

フレームロックなので、右側は左側と全然違う表情を見せます。

Img_1949

台湾製ですが、既に私は台湾ナイフファンなのでOK! なお、モデル名の AVISPA とはスペイン語でスズメバチのことらしいです。つまり、

Img_1951

こういうこと!

切れ味ですが、先日の ONTARIO RAT-1 以上に良く切れます。ただ、手になじむのは ONTARIO。この2者の比較は世界中のナイフ好きがやっているようで、YouTube でも比較動画が散見されます。

けれど、う~ん、どっちかというと ONTARIO の方が好みかなあ。

■おまけ:実際現場で使うのは…モーラコンパニオン (^^;

Img_1943

ウサギ小屋の端材をバトニングしてフェザースティック作ってファイヤースターターで着火して最終的には置き炭にして、さぁ!シュラスコだ!!

Img_1946

本場モン食ったことないのでコレで良いのか不明(^^;。

因みに肉がちっさい(薄い)と先に買ったシュラスコ用包丁では切れないことが判明。もっと砥ぐか、デカい肉にしないとなー

続きを読む "memento mori : ESEE AVISPA"

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

Ontario Rat-1

またまた来たぞ!

Img_1913

Ontario Rat-1 D2

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01N6BS1U7/

http://ontarioknife.com/

Img_1914

古いモデルには RAT: Randall's Adventure & Training のマークがあるようですが、私のは Ontario のマーク。

https://randallsadventure.com/

RAT サイトには ESEE が出てきますね。

https://eseeknives.com/

今回のナイフのブレード材は金型などに使用するD-2。同じモデルに AUS-8 版もありますが、D-2 の方が刃の持ちが良いようです。その分研ぎがどうなのかは先々の楽しみ。ただし、D-2 材は耐食性が良くないそうなので、メンテナンスはちゃんとしましょうね。さて、

■ブレードの開閉
 「仕掛け」がある Kershaw Cryo Hinderer は除くとして、サムスタッドを使った開閉では手持ちで一番楽かつ自然です。BUCK BANTAM がこれ位だったら良いのになぁ。

■切れ味
 例によってコピー用紙を切ってみましたが、気持ちよくサクサク切れます。nは少ないですが、台湾製のナイフイージャン!と思いました。

■評価
 第一印象で+2かな、って、カリーじゃないんですから!

■所有するナイフのブランド 2019-03-25 第2版
COLD STEEL
CRKT
BERETTA
BOKER MAGNUM
BUCK
HELLE
HERBERTZ
IIVARIN PUUKKO TEHDAS
KA-BAR
KERSHAW
MORA
ONTARIO
OPINEL
VICTORINOX

計14ブランド

■過去に買ったことがあるナイフのブランド
Nikatto
Rapala

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

所有するナイフのブランド 2019-03-25 版

■所有するナイフのブランド 2019-03-25 版
COLD STEEL
CRKT
BERETTA
BOKER MAGNUM
BUCK
HELLE
HERBERTZ
IIVARIN PUUKKO TEHDAS
KA-BAR
KERSHAW
MORA
OPINEL
VICTORINOX

計13ブランド

あれ? CRKT は捨てなかったんだ。ハイ(^^;ゞ。

■過去に買ったことがあるナイフのブランド
Nikatto
Rapala

■以下理由
Nikatto:ライナーロックの出来(調整)が不安なので廃棄
Rapala:もうどうやってもまともな刃が付きそうもないので…

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

ナイフ趣味が高じたからと言って

コンナモン買っちゃだめだよ>自分。

Hrc

いや、正直欲しい!(^^;

| | コメント (3)

棄却条件は?

先日届いた CRKT の Hammond Cruiser ですが、どこかしっくりきません。

①刃の塗装。
 薄グレーなのですが、いっそ黒の方が好きかも? 銀塩カメラは銀が好き!、でも黒も好き!、の延長かな?

②グリップが厚すぎ。
 ライナー(フレーム?)が薄い分樹脂を厚くしているようなデザイン。シルエットだけで決めて実物をみてガックシ。持ちにくくはありませんが、ポケットに入れるには大きすぎました。

③開閉機構・ロック機構がちょっと複雑でヤワそう
 精度は悪くないのですが、抵抗を減らす目的か、軸んトコに樹脂のワッシャーが挟んであったりします。ワイルドでダーティでファイヤ!なアウトドアライフには不向きな印象。ま、それ言ったらフォールディングナイフは全部ダメなんですけどね。

ここで改めて、"良く出来た"中華のナイフの代表:Nikatto とツーショット。

P1030083

写真からはそれ程感じられませんが、実によく似た雰囲気なんです。で、その雰囲気が好きかと言われると、実は嫌い。下の局部のクローズアップアップ写真を見ていたら、仕事で日夜戦っている装置・機械を思い出しちゃいました。素材にこだわらず、もっと、こう、素朴なフィーリングが好きだなあ。

P1030082

樹脂製のワッシャ(白いの)… 似てる。ま、エンプラでしょうが、耐熱温度は望むべくもなく、砂交じりの屋外でどれほど持つことやら…

※今写真見て気が付きましたが、Nikatto(右)の薄っすいライナーロック、半分しかブレードにかかってませんね。アッブネーの!

P1030085

④せめてもの品質管理が出来てない
 今回のナイフのダメなトコ。サムスタッド固定用のトルクスがなめちゃってます。も、これだけでゲンナリ。何となく、5000円未満はまぁ安物であって、当たり外れが多いようですね。

★今んトコ安物フォールディングナイフでは BUCK BANTAM がイチオシ!

★シースナイフだとモーラで決まり!

▼さてと、Nikatto と Rapala と CRKT は全部ポイしようっと。

★次回は、ONTARIO RAT-1 (Taiwan)の予定!
 AUS-8版にするか D2版にするか考え中。モーラ買い増しした方が幸せなような気がしますが?>自分(^^;。

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

CRKT

またかい!(^^;

Img_1886

はい、CRKT:Columbia River Knife and Tool 社の Hammond Cruiser の直刀です。

http://knifeshop.jp/SHOP/CR-7904.html

https://www.crkt.com/

先の Kershaw に続き、こちらもフリッパー。ただし、「背びれ」を操作しただけでは飛び出す勢いは弱く、ロックまで持ち込むには手のアクションを加える必要があります。

Img_1887

面白いのはライナーロックに安全機構が付いていること。ブレード長が 95mm もあるので、安全機構があると安心ですよね。

この安全機構のレバー、何かに似てるなあと思ったら、Mauser C96 のセーフティに似ていました。

Mauser_c96_763_6971794467

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%ABC96

さて切れ味は… あれ、全然ダメだぞ。材質は 8CP14MOV ステンレスとありますが、ざっと検索した範囲では正体不明。ナイフ自体は中国製ですので、鋼材も中国製の気がします。

ともかく、これも砥ぎ直しだなぁ。デカいから手でシャプシャプシコシコ削るか?

■Gerber→Kershaw→CRKT

次は大元の Gerber かな? でも安くて良さそうなナイフ、Gerber に無いんですよね。

■台湾は良い、しかし中国製は…

今のところ中国製ナイフに良い印象はありません。同じ安いナイフでも、BUCK BANTAM は良くできています。

続きを読む "CRKT"

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

Kershaw Cryo Hinderer を研ぐ

箱出しで切れ味がイマイチだった表題ナイフを研いでみました。

①シャプトン手動系

【#1000~#2000~安い手持ちの仕上げ砥石~革砥】でトライしたのですが、どうしても満足できる刃が付きません。MORA、IIVARIN PUUKKO TEHDAS、BUCK、果ては家庭用包丁・出刃包丁・フルーツナイフまで、見てくれはともかく紙がサクサク切れるようになる手法だったのですが… なんでかな?

②ランスキー

【#600~#1000~#2000~革砥】でトライしましたが、やっぱダメダメ。砥いでいる間に気が付いたのですが、「返し」が取れる際に大きくボロっと落ちて刃こぼれするような感じです。また、歯の角度がランスキー計測30度と、手持ちのナイフでは一番鈍い角度でした。

そこで、#120 で刃を25度に付け直し、#280~#600 と上げていき、#1000 と #2000では砥ぐ方向を往復ではなく送りのみ(戻す時は砥石を浮かす)にしてみました。

結果、そこそこ切れるようになりました。はぁ~

Img_1880

それにしても、この素材(8Cr13MoV, stonewashed finish)砥ぎにくくて好きじゃないなぁ。もしかして「stonewashed finish」の際の処理(酸化処理?orエッチング?orなんちゃら皮膜処理?)液の成分管理ミスのせいで、肉厚が薄い刃先辺りの組成が変わっちゃった、なんてあったりして。一瞬、ウチの成分分析&補給装置を売りに行くか、と思ったけど、やっぱ中国はヤですね(^^;;;。

■これを反面教師とすると…

手でチャッチャッと砥いでもサクサク切れる刃が付く BUCK BANTAM BLW (鋼材 420HC)はイーナイフだなぁと。お兄ちゃん(BHW)と2人の弟(BBW、NANO)も買ってあげようかな。

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

購入済みナイフブランド確認

COLD STEEL

BERETTA

BOKER MAGNUM

BUCK

HELLE

HERBERTZ

IIVARIN PUUKKO TEHDAS

KA-BAR

KERSHAW

MORA

NIKATTO

OPINEL

RAPALA

VICTORINOX

2本あるオピネル以外は各ブランド1本ずつ。計15本。当面の目標は20本。飽きるのは多分100本位かと(^^;。

| | コメント (0)

わんぱくフリッパー

簡単に刃が出せるフォールディングナイフが欲しくて…以下略。

Img_1857

お初のブランド:Kershaw(カーショウ)の小型ナイフです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01FPZDOUM/

https://kershaw.kaiusaltd.com/

開閉機構がフリッパー(方式)で慣れなど必要なく簡単に素早く刃が出せます。一方ロック機構はフレームロック。

Img_1858

左側と全く異なる右側です。

Img_1859

フレームの一部がロック機構になってます。フレームロックってライナーロックからのバリエーションなのかな? あ~また調べ物が増えちゃった。

Img_1860

ただこのナイフ、惜しいことに某国製。ま、使いやすくて切れ味良くて、刃持ちが良ければ良いんですけどね。

で、例によって紙を切ってみたのですが…あれ、引っかかるぞ。値段の割には切れ味良くありません。軽くストラッピングしたらそこそこ切れるようになりましたが、やっぱ砥直しだな。ランスキー系列で行くか、シャプトン手動系列で行くか、悩むなあ(^^;。

■おまけ:わんぱくフリッパーの歌詞

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=F05529

海のトリトンへとつながる、海への憧れを抱かせてくれた最初の作品でした。

■ライナーロック

https://www.weblio.jp/content/ライナーロックナイフ

https://en.wikipedia.org/wiki/Michael_Walker_(knifemaker)

https://en.wikipedia.org/wiki/Liner_lock

■フレームロック

https://www.weblio.jp/content/フレームロックナイフ

ライナーロック→フレームロックですね。

■Rick Hinderer

https://www.rickhindererknives.com/

■買っても良いかなというナイフの基準は?

シンプルで美しいデザイン・シルエット、確実な機構、素材、切れ味… 未だ決め手はないですが、【価格】が最も上位なのは間違いないですね(^O^。

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

宮代町のインド料理店:SPICE

去る16日は仕事で杉戸町に…以下略。

P1030053

東武動物公園駅西口の SPICE さんです。

https://tabelog.com/saitama/A1104/A110402/11036063/

P1030054

ランチメニュー。Dセット(チキン)を注文。

P1030055

サラダ&ラッシー。

P1030056

カリー、ナーン、スイーツ、チキンティッカ。

■評価:+1!

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1_zPTOdtpH6n9IOiFUoQE72y9pBY&ll=35.929236613602164%2C139.4972055323235&z=11

| | コメント (0)

2018年3月17日 (土)

HELLE GAUPE COMES

オオヤマネコキター!

P1030065

ノルウェーの工業製品って初めてかな?

続きを読む "HELLE GAUPE COMES"

| | コメント (0)

2018年3月16日 (金)

3本目の北欧ナイフ:Helle Gaupe

ぽちってもた!

Img_1842

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B008VECUDW/

http://www.helle.no/

http://www.helle.no/products/knives/gaupe/

最初は Temagami (炭素鋼)にしようと思っていたのですが、いつの間にか売り切れ。残っているのはステンレス。それもやけに値段が上がってしまっています。他にないかな~と探していたら、この Gaupe が目に留まり、そのシルエットにビビッと来てしまいました。発見後しばらくは我慢していた(財布と相談していた)のですが、わずか1日の内に残り数が1本に。よく見ると、他のショップからも出品があるにはあるのですが、どれも3万円越えというとんでもない値段。これはもしかして Helle 人気を狙った転売か? と思ったら、もう我慢できませんでした。

あ~あ、来月は極貧だなぁ(^^;。

■おまけ:Gaupe とは Lynx なり

Helle のサイトの HEL310 のページには、Gaupe とは Lynx(オオヤマネコ)のこととあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3

Wikipedia によると、【食性は動物食で、鳥や昆虫、ウサギ、リスなどの齧歯類、さらに大型のシカ類も捕食することがある。】だそうで、なんとなく好きになっちゃいました。

あ~早く来ないかな。

■これで北欧3国のナイフをコンプリートだ!

ビッケ:ノルウェー、ニルス:スウェーデン、ムーミン:フィンランド

なんてのがありましたが、我が家では、

HELLE:ノルウェー、MORA:スウェーデン、IIVARIN PUUKKO TEHDAS(相変わらずメーカー名どこまでか不明):フィンランド

となりました。値段の上では HELLE GAUPE は IIVARIN PUUKKO TEHDAS の10倍以上ですが、どちらも(MORA を入れればどれも)北欧ナイフらしい良いシルエットと思います。

| | コメント (0)

Amazon マイリスト:もしくは自戒の書

上位をナイフ関係が独占。

Iwant

お小遣いが雀の涙のワタシ。これらを入手するのが早いか、はたまたその他に欲しい(ナイフ)モノが増えるのが早いか。ま、どうせ後者でしょうけどね(^^;。

それにしても、そろそろ(とっくに)バイクシーズンですよ。セロ君のリアタイヤも替えてないし、このまま卒業ですか?>自分(^^;ゞ

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

名倉

先に買ったシャプトン#2000を使ってみたら、

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2018/03/post-28a7.html

コバんトコが僅かに盛り上がっていて、砥いでいると引っかかるんです。で、修正・砥ぎ汁出し用の名倉 (お笑い芸人? はたまたアニメ作家? いえいえ砥石です) を購入するハメに。

Nakura

この分だと #5000 を買う前に面出し用のダイヤモンド砥石も購入することになりそうです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0029LH3BW/

うう、何と深き沼! ま、想定の範囲内ですけどね(^^;。

★おまけ:最近シャプトンで砥いでるナイフ

 ①BUCK バンタム BLW

 ②イーバリン・プーッコ・テーダス

 ③モーラコンパニオン

 ④オピネル(炭素鋼)

要は安いナイフで練習中と。

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

パラーターを作ってっみよう!(結果バレバレ)

代々木八万のバラティーさんのパパドゥの美味しさに心を奪われてしまいましたが、後から考えるとパラタ(パラーター)も美味しかったんですよね。で、自宅で再現してみることにしました。

Img_1816

先ずは全粒粉と塩と水でチャパティのネタを作り、ギーの代わりのバターを用意します。

続きを読む "パラーターを作ってっみよう!(結果バレバレ)"

| | コメント (0)

物欲色々

物欲3連発行ってみようか!

■1.シャプトン・刃の黒幕 #2000

Img_1815

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00BWFLFKQ/

夕飯作っていたら届きました。これはもう次は #5000 決定ですね。ただし来月以降ね(^^;。

それにしても BUCK のフォールディングナイフ、使う頻度高いなあ。会社にも持って行ってるんですが、最近大掃除とかレイアウト変更とか多いので、こちらでも大活躍。ただし、フランスパンとか切る際は BLW では寸足らず(ブレード長 7cm チョイ)。一個上の BHW (ブレード長 9cm)が1本コワイ…(^^;

続きを読む "物欲色々"

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

代々木八幡のインド料理店:バラティー

仕事で代々木八幡に以下略。あ、お店の写真撮るの忘れた! 

https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13129722/

ので先ずはメニューから。

R1144420

と、

R1144419

上はバラティー、下はバルティーとか突っ込みドコありますが、タンドーリチキンカリーセット(本日の日替わり:ノンベジ)を選択。

R1144421

サラダ。

R1144422

左上からパパドゥ、チキンティッカ、チキンとなんちゃらのカリー、パラタ。パラタって実はお初。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

要はチャパティの進化版みたいですね。

■評価:詳細は後日としますが、文句なく+2。特にパパドゥは今までで最高に美味しいモノでした。

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1_zPTOdtpH6n9IOiFUoQE72y9pBY&ll=35.929236613602164%2C139.4972055323235&z=11

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

DP-11 復活!

Nikon F2 用の Photomoic A Finder (DP-11) を買ったけど、

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2017/08/dp-11-photomic-.html

メーターが動かなくなってしくしく、

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/2017/08/post-38be.html

というような事がありましたが、昨晩 DP-11 の接点部分を良く見たら、ゴムのヒダヒダが固くなって接点ピンの動作が悪くなっていることが分かりました。

R1144415

シリコンオイルを塗るとかの対策も考えられましたが、そもそも経時変化で固くなってしまっているので、ここは荒療治でゴムのヒダの一部をカットして対応することにしました。やっぱ前後するピンに当たるヒダは柔らかくないとねぇ(^^*。

R1144416

結果正常動作するようになりました。やった!

R1144418

嬉しいので安バーボンで祝杯です。DP-1 には良いボディを見つけてあげないとね。次は黒かな?

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

熊殺し来る

おや、また Amazon から何か届いたぞ。

P1020429

軽!ちっさ! 

P1020430

KA-BAR のフォールディングナイフでしたぁ。

https://www.kabar.com/

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01GRPITFY/

因みに社名の KA-BAR は Kill a Bear から取ったそうで。

http://knifeshop.jp/SHOP/434/2853/list.html

う~ん、すたとれざむーびーのビージャー=ボエジャーみたいな話だなあ(^^;。

続きを読む "熊殺し来る"

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

ビワの枝切り

ガレージの前というか上にかかるビワの枝がどえりゃ~ことになって来たので、枝切りすることにしました。

Img_1781

一部は屋根にかぶってます。

続きを読む "ビワの枝切り"

| | コメント (0)

2018年3月 2日 (金)

TIMBUK2

Amazon のタイムセールに引っかかってしまいました。

Img_1765

ちょっと小振りのSです。安売りとは言え、これで 8164円は高いような気もするけど、仕事でも趣味でもバリバリ使えそう。カメラ入れるならクッション材も欲しいですね。ナイフなら20本は入るな(^O^。

| | コメント (0)

ランスキー スーパーサファイア仕上げ砥石

ランスキーの砥石を追加しました。

Img_1761

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000B8IEB8/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

番手は #2000 相当のようです。

Img_1762

今まで一番上の番手は左の #1000。COLD STEEL のトホホナイフの仕上げではそこそこ良い切れ味になりましたが、研ぎ痕は残っていました。今度の #2000 はどんなかな?

試しに BUCK のフォールディングナイフを研いでみましたが、ベベルがランスキーの角度(17,20,25,30)に合わず、2段を行ったり来たり。切っ先のベベルの角度も左右で異なっていて、こりゃ手+シャプトンの方が良かったかな? COLD STEEL の時はランスキーの 25度に合うよう全セカンドベベルを荒砥から削ってしまいましたが、何しろシンドイです。ま、ランスキーはもうちょっと使い方を研究しましょう。

というわけで新砥石の評価は先延ばし。

Img_1763

セットのうちの荒砥(黒)はあまり使う機会がなさそうなので、1段シフトレフトして(プログラマやな~(^^;)黒はベンチに戻ってもらいました。

さ~次は? やはりシャプトン#2000 とか #5000 が気になりますよね(^^;。何しろシャプトン #1000+やっすい仕上げ砥石で砥いだ(つまりは手で砥いだ)イーバリンプーッコテーダス(1480円!)がイイカンジ!

あ!シャプトンを切り出してランスキーのベースに付けたらどうでしょ。つか、ナニでカットすれば良いの? ウォータージェットとか?

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »