2017年4月28日 (金)

読書の春

次はこれだ!

Tonekoken

理由:作者の名前がトネ・コーケン… って TONE と Koken かい!? ウチのガレージにもあるよ! あ、もしかして本名は山下って言うのかな?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

| | コメント (2)

2016年4月21日 (木)

アナザーワールド

「インド料理の他には?」という問いへの答えの1つ、「トルコ料理」。調べて行くと、「埼玉県南部にはクルド人が多い!(ワラビスタン)」との情報も。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%89%E4%BA%BA

そこで探したのが蕨のトルコ料理店。例えば、

Ancyra

http://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11019169/

う~ん、行ってみたいな。あ、良く見たら Google Maps 車両が映ってる! あ、それにそれに、Ancyra って何だか Ancillary に似てるよね?

Ancillary_sword_2

アン・レッキーのシリーズ2作目。今日来る予定。楽しみ楽しみ(*1)。

あれ? トルコ料理&クルド人のハナシは何処に?(^^;

続きを読む "アナザーワールド"

| | コメント (2)

2015年10月 7日 (水)

火星の人

神戸出張に備えて、車中で読む本を手配しました。

Kaseinohito

http://www.amazon.co.jp/dp/4150119716/

この本を選んだのは、同作品を原作とした映画「オデッセイ」の予告編が映画館で(*1)流れていたからです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%BB%E3%82%A4_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

読んでみたらこれが実に面白い! 往復の新幹線の中で全部読んでしまいました。

*1:日曜日に娘と「心が叫びたがってるんだ。」を観たのでした(因みに2度目(^^;)。

続きを読む "火星の人"

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

シロガラス

佐藤多佳子さんの「シロガラス」を読んでます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%A4%9A%E4%BD%B3%E5%AD%90

http://www.kaiseisha.co.jp/special/shirogarasu/

素材の数々と底に流れる思想(の香り)が、私にとっては正にストレートコース。「子供向け」で済ますには惜しいので、大人の人にも是非読んでもらいたいです。

加えて、鶴田謙二さんの表紙絵がこれまた良いんです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E7%94%B0%E8%AC%99%E4%BA%8C

予告の4巻の絵なんて相当気合入ってます。

…しかし、こういう作品が出て来ると、後から似たような視点・立ち位置で創作するのは大変ですね。困ったもんだ。

続きを読む "シロガラス"

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

高い城の男

今更ですが、フィリップ・K・ディックなんぞを読み始めました。

Fullsizerender1

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%81%84%E5%9F%8E%E3%81%AE%E7%94%B7

動機はまぁ、TVドラマか映画(映画出来たの?)を観る前に、てとこでかなり不純(^^;。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zzayf9GpXCI

でも、原作(和訳)の出だしはなかなか面白そうだし、YouTube の動画もなかなか。やっぱ仮想(戦記)モノって勝った方も負けた方も心をくすぐられますよね。

| | コメント (1)

2015年7月 4日 (土)

神様の御用人のネタに関する備忘録

最近はまっている「神様の御用人」。

 http://www.amazon.co.jp/dp/4048662708/

1.判っていること

 1) モフモフの狐=黄金(こがね)=方位神。

  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%BD%8D%E7%A5%9E

 2) 小ネタの冒頭で次代(後世)の御用人と語りあう神(=黄金?)には鱗がある。

 3) 黄金の今の姿(狐)は本来の姿ではないような記述あり。

2.判っていないこと

 黄金の性別(神様なので場合によっては独神(性別がない神様))。

★以下ネタバレになるかも知れないので、読む予定がある人は注意!

続きを読む "神様の御用人のネタに関する備忘録"

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

神様の御用人、売れてる!?

Amazon の「メディアワークス文庫」のカテゴリーで売り上げ1位とか。

Sog

あの「ビブリア古書堂…」を抑えて、5位までに4、3巻の合計2冊、15位までに1~4巻全てが入ってます。まぁ、読んで面白いし、目から鱗もあるし、これは神社小説の名作やぁ~! あぁ、早く4巻来ないかな。

※ところで、また注連縄の巻き方が逆なんですけど…

| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

神様の御用人

以前表紙だけ見て文句垂れてましたが…

http://pawpaw.cocolog-nifty.com/pawpaw_house/cat23077514/index.html

Pict_2

いやこれは良き神道(神社)小説です。心が洗われました。というわけで、2、3巻も注文と。

| | コメント (2)

2015年4月 8日 (水)

読書の春

うっかりしていたのですが、去る4/1午後18:00をもって、完全禁酒(酒を1滴も飲まない)丸2年を達成しました(してました)。これはもう3年、4年と続けるべきですね、ウン。

さて、最近読んだ本。

P1020950

上橋菜穂子さんの「鹿の王(上下)」と森見登美彦さんの「有頂天家族」の第2巻。前者は本屋大賞を取ったそうです。おめでとう!

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO85371740X00C15A4000000/

以下ネタバレあり!

続きを読む "読書の春"

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

AI:Artificial Intelligence

今朝の NHK シリーズです! 今朝は AI。

AI が進歩してビジネスや日常生活にも使われ始めましたね~って話で、日本は遅れてますよね~(「優れた技術はあるものの海外に比べれば…」って「遅れてる」って言ってるようなもんじゃん!)、と今更な話を挟みつつ、最後はお決まりの AI を使うことによるリスクとその回避の方法の話。「先ずはルール作り」とかボケかましているところは置いておいて、ここで思い浮かぶのはやはりアノSFでしょう。

未来の二つの顔 (創元SF文庫)

http://www.amazon.co.jp/dp/4488663052/

折しも先日Amazon経由で古本で買って読み始めたばかり。星野之宜版の漫画は読んだことがあるのですが、お恥ずかしながら原作は初めてでした。

さて、ホーガンの描くような「人間の技術や知恵が勝利する」明るい未来は本当に来るのでしょうか? いや、ここで受け身でいちゃいけませんよね。せっかくホーガンが示してくれた道筋です。天冥の標が人の終とならぬよう、日々精進です。

…と思って、弊社の新商品の企画書に「AIの導入も視野に入れる」って書いたら、みんなポカーン…(^^; 仕方がないので、「最初は装置の横に pepper 君でも置いて、UIの代わりをさせましょう」、と呼び水レベルでお茶を濁しておきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧